北九州市立大学の入試情報・偏差値・受験対策

北九州市立大学の受験対策

偏差値・難易度

北九州市立大学は福岡県北九州市に2つのキャンパスを置く公立大学で、偏差値は学部によって異なりますが42.5~52.5程度となります。共通テストにおいて、確実に合格を勝ち取るには5~7.5割程度の得点が求められます。2022年度一般選抜の実質倍率は学部・学科によって異なりますが、前期日程が1.6~5.2倍、後期日程が1.4~5.3倍となっています。

入試の特徴・勉強のポイント

北九州市立大学の入学者選抜は、一般選抜(前期・後期日程)と学校推薦型選抜5種類、総合型選抜、特別選抜3種類、編入学となっています。志望する学部・学科によって募集が行われていない選抜区分があるため、注意が必要です。一般選抜では、大学入学共通テストにおいて学部・学科が指定する教科・科目と個別学力検査の受験が必要となります。必ず募集要項で志望する学部・学科の受験に必要な科目を確認し、大学入学共通テストと個別学力検査両方の対策に取り組みましょう。 

 

北九州市立大学の学部情報

外国語学部/経済学部/文学部/法学部/国際環境工学部/地域創生学群

 

北九州市立大学基本情報

公式サイト

北九州市立大学:https://www.kitakyu-u.ac.jp/

基本情報

創立年

1946年

生徒数

6,210人(2022年5月1日現在)

教育理念

北九州市立大学学則

北九州市立大学は、時代を切り拓く知を創造し、人間性豊かで有能な人材を育成することによって、地域の産業、文化及び社会の発展並びにアジアをはじめとする国際社会の発展に貢献することを目的とする。(第1条)

 

引用元:公立大学法人北九州市立大学|理念・目的

大学の特徴

北九州市立大学は、外国語学部・経済学部・文学部・法学部・国際環境工学部・地域創生学群からなる公立大学です。北九州地域の特性を活かした教育を通して、開拓精神にあふれた人間性豊かな人材を育成しています。中小企業大学校との連携講座や教育委員会等と連携した出張講義・実験体験、一般市民を対象とした公開講座を実施するなど、地域に根差した教育環境が特徴となっています。世界に多数の協定校があり、休暇中に参加できる海外語学研修、自分に合ったプランで留学できる派遣留学、現地の学生と共に専門的に学べる交換留学といった留学プログラムが豊富に用意されています。資格については、中学校・高等学校教諭一種免許状、博物館学芸員、認定心理士、社会福祉主事任用資格、社会福祉士国家試験受験資格、スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程認定修了資格、障がい者スポーツ指導員<初級・中級>などが取得可能です。 

 

北九州市立大学キャンパス情報

北方キャンパス

学部:外国語学部・経済学部・文学部・法学部・地域創生学群
住所:〒802-8577 福岡県北九州市小倉南区北方4丁目2番1号

ひびきのキャンパス

学部:国際環境工学部
住所:〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの1番1号

 

オンライン家庭教師WAMの北九州市立大学受験対策

北九州市立大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、北九州市立大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。