神戸学院大学現代社会学部の入試情報・偏差値・受験対策

神戸学院大学現代社会学部の受験対策

偏差値・難易度

神戸学院大学現代社会学部の偏差値は、学科ごとに40.0~45.0程度となっており、中でも偏差値が高いのは現代社会学科です。共通テストでは6割~7割近くの得点が合格の目安となります。

 

入試の特徴と勉強のポイント

神戸学院大学現代社会学部の一般選抜は、前期日程、中期日程、後期日程で行われます。それぞれスタンダード型が受験必須となり、日程によって高得点科目重視型(高得点科目の得点を2倍に換算して判定)や共通テスト併用型、調査書併用型などへの併願が可能です。前期日程では英語・国語・選択科目(地理歴史・数学から1科目選択)で、各科目の配点は150点です。中期・後期日程では、英語・選択科目(国語・数学から1科目選択)となり、各科目の配点は150点です。各科目とも100%マークセンス方式で行われるため、記述対策の対策が不要となります。

※法学部・経済学部・経営学部・人文学部・心理学部と同様

 

 

神戸学院大学現代社会学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

国語は、試験時間70分で大問2~3題構成となっており、解答形式はすべてマーク式です。難易度は基礎~標準レベルとなっています。漢文は出題されないため、現代文と古文に絞って学習を行いましょう。現代文は様々な文章を読み読解力を身につけ、古文では基本的な文法を確実に押さえておくことが大切です。

※法学部/経済学部/経営学部/人文学部/心理学部/グローバル・コミュニケーション学部/総合リハビリテーション学部/栄養学部と同様

 

数学の傾向と対策

数学は、試験時間70分で大問4題構成となっており、解答形式はすべてマーク式です。数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学Aから出題され、難易度は基礎~標準レベルです。教科書を用いて基礎力を固めておきましょう。またすべてマーク式のため、計算ミスなどケアレスミスを減らすことが大切です。

※法学部/経済学部/経営学部/人文学部/心理学部/グローバル・コミュニケーション学部/総合リハビリテーション学部/栄養学部/薬学部と同様

 

英語の傾向と対策

英語は、試験時間70分で大問6題構成となっており、解答形式すべてマーク式です。文法問題や長文読解、会話文など幅広く出題され、総合的な英語力が問われます。単語や文法などの基礎力を固め、様々な英文を読み、速読力を身につけておきましょう。ここ数年出題形式がほぼ同じため、過去問に取り組み、傾向を把握しておくことも大切です。

※法学部/経済学部/経営学部/人文学部/心理学部/グローバル・コミュニケーション学部/総合リハビリテーション学部/栄養学部/薬学部と同様

 

地歴公民の傾向と対策

日本史は、試験時間70分で行われ、解答形式はすべてマーク式です。全時代から満遍なく出題されているため、苦手分野を作らないようにしましょう。出来事などを断片的に覚えるのではなく、時代の流れや背景と合わせて理解する必要があります。

 

世界史は、試験時間70分で行われ、解答形式はすべてマーク式です。教科書を用いて、基礎知識を徹底的に身につけておく必要があります。近現代史を重点的に学習すると良いでしょう。出来事などを時代の流れや背景と合わせて理解し、地図問題への対策も行いましょう。

 

※法学部/経済学部/経営学部/人文学部/心理学部/グローバル・コミュニケーション学部/総合リハビリテーション学部と同様

 

 

神戸学院大学現代社会学部基本情報

公式サイト

神戸学院大学現代社会学部:https://www.kobegakuin.ac.jp/faculty/social/

 

基本情報

創立年

2014年

生徒数

943人(2021年5月1日時点)

教育理念

現代社会学部の目的は、グローバルな視野と社会貢献マインドの育成を図りながら、理論と実践双方で得られた智慧を地域の中で応用・展開できる人材の育成を目指すこととし、学科ごとの目的については次のとおりとする。

・現代社会学科の目的は、地域社会のありようを、学際的アプローチを通じて多面的総合的に把握し、分析できる人材の育成を目指すこととする。

・社会防災学科の目的は、社会に貢献するマインドと能力を持った人材及び防災と社会貢献に関する専門的知識を身につけた人材の育成を目指すこととする。

引用元:神戸学院大学 教育 学部・大学院 現代社会学部

 

 

神戸学院大学現代社会学部の特徴

神戸学院大学現代社会学部は、2014年に創設されました。現代社会学科、社会防災学科の2学科で構成されています。様々な実学重視の学びを通して、地域や社会における問題の解決に向けて臨機応変に取り組み、人々の暮らしに貢献できる人材を育成しています。地域社会との連携による実習やフィールドワークなど、アクティブ・ラーニングを重視したカリキュラムが特徴です。現代社会学科では、現場で調査・アンケートなどを実施し、社会学を中心とした多角的な視点で課題の解決を考えます。社会防災学科では、地域の防災をはじめ、国内外で被災者支援などのボランティアも行っています。どちらの学科も学外での活動が多く、社会の仕組みについての知識や社会現象の分析力を身に付けるとともに、社会貢献を実践的に学ぶことができます。資格については、社会調査士、中学校教員免許(社会)、高校教員免許(公民)、防災士、防火管理者、社会貢献活動支援士が取得可能です。

 

 

神戸学院大学現代社会学部キャンパス情報

ポートアイランド第1キャンパス

学部:法学部、 経営学部、 現代社会学部、グローバル・コミュニケーション学部、 薬学部
住所:〒650-8586 神戸市中央区港島1-1-3

 

 

オンライン家庭教師WAMの神戸学院大学現代社会学部受験対策

神戸学院大学現代社会学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、神戸学院大学現代社会学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。