国士舘大学21世紀アジア学部の入試情報・受験対策

国士舘大学21世紀アジア学部の受験対策

難易度

国士舘大学21世紀アジア学部の偏差値は45~47.5程度です。共通テストでは、7割強得点することが合格の目安です。デリバリー選抜の難易度が高い傾向にあります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

国士舘大学21世紀アジア学部の入試について、前期は国語・外国語・選択科目の3科目、デリバリー・中期・後期は外国語・選択科目の2科目で行われます。後期の選択科目には小論文があり、各科目の配点は全科目100点となっています。出願時の登録により、指定の英語外部試験のスコアに応じた得点が外国語の点数に加算されます。
入試問題の難易度は標準レベルとなっているため、教科書の内容を確実に身に付けましょう。
※法学部・文学部・経営学部と同様

 

 

国士舘大学21世紀アジア学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

現代文のみの大問3題構成となっています。内容把握を問う問題の他、漢字や文法、文学史も出題されます。やや難解な表現が用いられることもあるため、様々な文章に慣れておく必要があります。過去問演習を繰り返して読解力を養い、時間配分も考えましょう。

 

数学の傾向と対策

大問5題構成で満遍なく数学I・Aの範囲で出題されるため、苦手分野をなくすことが重要です。標準的な問題の公式や解法を理解し、過去問演習でミスなく解答できるよう練習しましょう。

 

英語の傾向と対策

幅広い出題形式で大問5題構成となっています。全体を通して難易度は高くありませんが、範囲が広いため基本的な英語力を一通り身に付けておく必要があります。教科書の内容と、基礎となる語彙力を押さえましょう。問題数がやや多めで時間配分が重要です。過去問演習でペースを掴みましょう。

 

地歴公民の傾向と対策

日本史:時代・分野を網羅した大問4題の出題です。教科書の内容は細かな部分まで確実に身に付けましょう。まずは復習が重要です。過去問は問題文をよく読みながら演習を行いましょう。
世界史:各時代の重要なテーマについて基礎知識を問う大問5題の出題です。頻出の用語を幅広く覚えましょう。正誤問題は問題文が複雑なため注意が必要です。問題数がやや多めとなっているため、過去問演習で時間配分の練習を行いましょう。

 

 

国士舘大学21世紀アジア学部基本情報

公式サイト

国士舘大学21世紀アジア学部:https://www.kokushikan.ac.jp/faculty/21_Asia/

基本情報

創立年

2002年

生徒数

1,531人(2021年05月時点)

教育理念

日本を含めたアジアの中で活躍できる人材、そしてアジアから世界に向かって活躍できるような人材を育成すること

 

引用元:国士舘大学21世紀アジア学部 理念と目標

 

国士舘大学21世紀アジア学部の特徴

国士舘大学21世紀アジア学部は2002年に設置されました。学科は21世紀アジア学科のみの1学科制で、2年次から3つのコースに分かれます。多角的にアジアや日本を学び、伝統・異文化や歴史への理解を深め、現代のアジアで活躍できる人材の育成を目的としています。IT関連科目や日本の伝統文化を体験して学ぶ科目があることが特徴です。英語の他にアジアの1言語の履修および海外研修が必修となっており、海外留学、インターンシップ、ボランティアなどで単位取得が可能です。また、留学生との交流を通して実践的なコミュニケーション能力を養うことができます。

 

 

国士舘大学21世紀アジア学部キャンパス情報

町田キャンパス

学部:体育学部こどもスポーツ教育学科・21世紀アジア学部
住所:〒195-8550 東京都町田市広袴1丁目1の1

 

 

オンライン家庭教師Wamの国士舘大学21世紀アジア学部受験対策

国士舘大学21世紀アジア学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、国士舘大学21世紀アジア学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。