駒澤大学医療健康科学部の入試情報・受験対策

駒澤大学医療健康科学部の受験対策

難易度

駒澤大学医療健康科学部の偏差値は47.5~50程度です。共通テストでは、6割が合格への目安です。S方式の難易度が高い傾向にあります。

入試の特徴・勉強のポイント

駒澤大学医療健康科学部の入試は、数学・理科・外国語の3科目で行われます。理科について、T方式では物理・化学・生物から選択、S方式では物理・化学から選択となっているのが特徴です。各科目の配点は全科目100点となっており、S方式では数学・理科のうち高得点科目を200点換算し、400点満点で判定されます。大学指定の英語外部試験で一定のスコアを取得している場合、S方式では160点または190点に換算し、当日受験の点数と比較して高い方が採用されます。入試問題の難易度は標準レベルとなっているため、教科書の内容を確実に身に付けましょう。

 

駒澤大学医療健康科学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

大問3題構成です。微分積分・確率・三角比などがよく出題されます。標準的な難易度の問題が多いため、基本的な問題は確実に解答することが重要です。教科書の内容を定着させ、問題集などで演習を繰り返しましょう。記述問題は丁寧かつ理論的に記述できるよう対策を行いましょう。

英語の傾向と対策

大問10題の構成で、長文読解、会話文、文法や語彙、発音やアクセントの問題が出題されます。基礎知識を問う問題が多いですが、問題数が多く出題形式も様々なため、幅広い英語力が必要です。過去問で時間配分や問題に慣れておきましょう。基本的な単語や会話表現などの語彙力を身に付け、英文の内容を速く正確に把握する練習を行うことが重要です。

理科の傾向と対策

物理:大問3題構成です。難問は出題されませんが、全範囲から出題されるため、苦手分野をつくらないことが重要です。原理を理解し、問題演習で解法を説明できるようにしておきましょう。
化学:小問集合1題、空欄補充・正誤問題1題、記述・選択問題が2題出題されます。計算問題が多いため、基本的な問題で演習を行い、正確に解答できるようにしましょう。
生物:大問5題構成です。遺伝や環境応答に関する問題がよく出ます。難易度は標準レベルですが、考察力を問う記述問題も出題されます。教科書の実験についての内容も確認しておきましょう。

 

駒澤大学医療健康科学部基本情報

公式サイト

駒澤大学医療健康科学部:https://www.komazawa-u.ac.jp/academics/faculty/health-sciences/

基本情報

創立年

2003年

生徒数

247人(2021年05月時点)

教育理念

幸せな日常生活を過ごすために必要な「健康」 あなたも人々の命を守る、チーム医療の一員になりませんか 皆さん、社会で役立つとか、弱い立場の人々と共に生きることの意義を考えたことはありませんか?けがや病気の人はつらい気持ちと闘いながら、毎日を懸命に生きています。診療放射線技師が医療で関わる画像検査や放射線治療は、人々がけがや病気を克服して健康な社会生活を送るための尊い援助です。そこには高度な知識と技術だけでなく、駒澤大学独自の教育プログラムで涵養される“心”が必要なのです。私たちは皆さんに深い専門性と幅広い教養に加えて、思いやりの心を備えた真のプロフェッショナルになってほしいと願っています。

引用元:駒澤大学 医療健康科学部 学部・大学院

駒澤大学医療健康科学部の特徴

駒澤大学医療健康科学部は2003年に設置されました。学科は診療放射線技術科学科の1学科です。診療放射線技師としての教育を受けることができる全国でも希少な学部です。必要単位の修得で、卒業時に診療放射線技師国家試験受験資格が与えられます。
3年次から診療技術と画像技術それぞれを重視した2つのコースに分かれ、3年次で国家試験に必要な科目が終了します。これらのコースは駒沢大学独自のカリキュラムです。少人数での実験・実習を行っており、企業と連携した実機学習を受けることが可能です。
卒業後の進路については、大半が国公立病院や大学病院、一部は健診機関などに就職し、大学院進学もあります。臨床経験を積んだのちに関連企業に転職する場合もあり、進路の幅は広がっています。

 

駒澤大学医療健康科学部キャンパス情報

本部・駒沢キャンパス

学部:仏教学部、文学部、経済学部、法学部、経営学部、医療健康科学部、グローバル・メディア・スタディーズ学部
住所:〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1丁目23の1

 

オンライン家庭教師Wamの駒澤大学医療健康科学部受験対策

駒澤大学医療健康科学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、駒澤大学医療健康科学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。