明治大学総合数理学部の入試情報・偏差値・受験対策

明治大学総合数理学部の受験対策

偏差値・難易度

明治大学総合数理学部の偏差値は学科によって異なりますが、57.5~62.5程度です。共通テストでは、7割強~8割弱が合格への目安です。先端メディアサイエンス学科の難易度が高く、ネットワークデザイン学科の難易度が低い傾向にあります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

明治大学総合数理学部の入試は、数学・外国語の2科目で行われます。各科目の配点は数学200点、外国語120点となっています。
処理能力が問われます。特殊な出題形式もあるため、過去問を解いて慣れることが必要です。

 

 

明治大学総合数理学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

解答時間は120分となっています。微分積分、数列、確率などが頻出です。証明問題も出題されます。記述問題の形式が年度によって異なるため、過去問演習で時間配分の練習が必要です。問題文に指示が書かれていることがあるため、注意して問題文を読むことも重要です。

 

英語の傾向と対策

長文読解2題、文法問題1題、会話文1題の構成です。英語の設問もあるため、速く正確に内容を把握することが求められます。熟語、慣用句などの知識も押さえましょう。図表を用いた問題があり、考察力も必要です。過去問演習で出題形式に慣れましょう。

 

 

明治大学総合数理学部基本情報

公式サイト

明治大学総合数理学部:https://www.meiji.ac.jp/ims/index.html

基本情報

創立年

2013年

生徒数

1,177人(2021年05月時点)

教育理念

総合数理学部は、「社会に貢献する数理科学の創造・展開・発信」を理念に、グローバル化する社会と正面から向き合いながら教育と研究を行います。健全な社会常識を備え、数理と情報についての先端的知識と技術をもって現代社会の諸問題に対処し、国際的に活躍できる人材を養成します。これを通じて、21世紀における「知識基盤社会」の構築に貢献するとともに、社会の持続的発展と文化・福祉の向上に寄与します。

 

引用元:人材養成その他の教育研究上の目的

 

明治大学総合数理学部の特徴

明治大学総合数理学部は2013年に開設されました。学科は現象数理学科、先端メディアサイエンス学科、ネットワークデザイン学科の3学科です。数学理論とコンピュータを融合させた学問を通して、情報技術分野で活躍できる人材の育成を目指しています。コンピュータを使用した実習が多く、1・2年次に数学とプログラミング、教養科目を確実に身に付けることができます。教員と学生の距離が近く、学生の知的好奇心に応えることができる環境も特徴です。

 

 

明治大学総合数理学部キャンパス情報

中野キャンパス

学部:国際日本学部・総合数理学部
住所:〒164-8525 東京都中野区中野4丁目21の1

 

 

オンライン家庭教師WAMの明治大学総合数理学部受験対策

明治大学総合数理学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、明治大学総合数理学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。