三重大学の入試情報・偏差値・受験対策

三重大学の受験対策

偏差値・難易度

三重大学の偏差値は学部・学科によって異なりますが、47.5~65.0程度です。学部の中では、医学部医学科の難易度が最も高くなっています。共通テストにおいて、確実に合格を勝ち取るには5~8割の得点が求められます。

 

入試の特徴・勉強のポイント

三重大学の一般選抜では、大学入学共通テストと個別学力検査を実施しています。学部・学科によって実技や小論文、面接が課されるため、小論文の書き方を学習したり、面接の練習をするなどしっかりと対策をしておいてください。学力試験では標準レベルの問題が中心となりますが、幅広い分野から出題されるため、偏りのない学習をしておきましょう。

 

 

三重大学の学部情報

人文学部/教育学部/医学部/工学部/生物資源学部

 

 

三重大学基本情報

公式サイト

三重大学:https://www.mie-u.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1949年

生徒数

5,928人(2021年5月1日現在)

教育理念

三重大学は「4つの力」、すなわち「感じる力」「考える力」「コミュニケーション力」と、それらを総合した「生きる力」を躍動させる場として、社会の新しい進歩を促すと同時に他者に対する寛容と奉仕の心を併せもった感性豊かな人材を育成する。

 

三重大学は課題探求心、問題解決能力、研究能力を育てるとともに、学際的・独創的・総合的視野をもち、国際的にも活躍できる人材を育成する。

 

三重大学は、多様な学生を受け入れるための教育制度を構築するとともに、学生の心身の健康を維持・増進させ、意欲的に修学できる学習環境を整備し、学生の個性を重んじた進路指導を実施することを目指す。

 

引用元:三重大学|基本理念・基本的な目標

 

大学の特徴

三重大学は「人文学部」「教育学部」「医学部」「工学部」「生物資源学部 」の5つの学部で構成される三重県唯一の国立大学です。地域に根差した教育が多く、県内全域を教育研究のフィールド位置づけた「地域拠点サテライト」では、多様な地域特性を有する「伊賀」「東紀州」「伊勢志摩」「北勢」の4つのエリアに大学と地元企業や自治体をつなぐ中心機能となる地域サテライトを展開しています。また、他者と協働し地域で活躍する人材となる「三重創生ファンタジスタ」を養成しています。キャリア支援では就職支援・キャリア教育・インターンシップを三本柱としており、「就職活動ガイダンス」や「就職相談コーナー」、社会人としての実践力を養成する「キャリア・ピアサポーター資格」の取得プログラムなどがあります。また、インターンシップを卒業要件化しており、大学での学びと社会での実習や経験を結びつけることにより、自己の将来設計や職業適性について考える機会が与えられています。

 

 

三重大学キャンパス情報

上浜(栗真)キャンパス

学部:人文学部・教育学部・工学部・生物資源学部・医学部
住所:〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577

キャンパス

学部:医学部
住所:〒514-8507 三重県津市江戸橋2丁目174

 

 

オンライン家庭教師WAMの三重大学受験対策

三重大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、三重大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。