宮城学院女子大学の入試情報・偏差値・受験対策

宮城学院女子大学の受験対策

偏差値・難易度

宮城学院女子大学は宮城県仙台市にキャンパスを置く私立女子大学で、偏差値は学部によって異なりますが35.0~42.5程度となります。共通テストにおいて、確実に合格を勝ち取るには5~6割程度の得点が求められます。2022年度一般選抜の合計の入試倍率は1.1倍ですが、募集人数の少ないB日程の倍率は1.0~3.3倍と高い傾向にあります。

入試の特徴・勉強のポイント

宮城学院女子大学の一般選抜は、A日程2日間(全学部型・学科特化型)とB日程の合計3日程となります。試験科目は学科・専攻によって異なりますが、A日程では全学科・専攻とも国語・英語の2科目の受験が必須となり、音楽科に出願する場合は科目試験の他に音楽科専門試験の受験が必要です。B日程では科目試験だけでなく小論文が課される場合があるため、必ず募集要項で志望する学科・専攻に必要な試験科目を確認して対策を行いましょう。 

 

宮城学院女子大学の学部情報

現代ビジネス学部/教育学部/生活科学部/学芸学部

 

宮城学院女子大学基本情報

公式サイト

宮城学院女子大学:http://www.mgu.ac.jp/

基本情報

創立年

1886年

生徒数

3,992人(2021年5月1日現在)

教育理念

<宮城学院の建学の精神>

「福音主義キリスト教に基づいて学校教育を行い、神を畏れ敬い、自由かつ謙虚に真理を探究し、隣人愛に立ってすべての人の人格を尊重し、人類の福祉と世界の平和に貢献する女性を育成すること」です。

引用:宮城学院女子大学ー建学の精神・モットー

大学の特徴

宮城学院女子大学は、キリスト教精神に基づく教育を通して、自らの価値を高め、他者と協働して課題に取り組み、社会に貢献できる自立した女性を育成しています。「MGUスタンダード」と呼ばれる独自の基礎教育を行っており、キリスト教精神や女性としての生き方、国際社会で求められる能力を養う科目が設けられています。留学生交換協定を結ぶ8か国の大学への海外留学や、神戸女学院大学との単位互換制度による国内留学が可能となっています。また、大学まで徒歩12分の場所に「さくら寮」と呼ばれる全室個室の学生寮があります。資格については、教員免許、図書館司書、学芸員、栄養士、管理栄養士国家試験受験資格、保育士、認定心理士、社会福祉士国家試験受験資格、一級建築士国家試験受験資格、食品衛生管理者任用資格、児童指導員任用資格などが取得可能です。

 

宮城学院女子大学キャンパス情報

キャンパス

学部:現代ビジネス学部・教育学部・生活科学部・学芸学部
住所:〒981-8557 宮城県仙台市青葉区桜ケ丘9-1-1

 

オンライン家庭教師WAMの宮城学院女子大学受験対策

宮城学院女子大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、宮城学院女子大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。