奈良教育大学の入試情報・偏差値・受験対策

奈良教育大学の受験対策

偏差値・難易度

奈良教育大学の偏差値は専修により異なりますが50~57.5程度で、大学入試標準レベルとなります。競争倍率は約2.8倍で、後期日程の倍率が高くなる傾向にあります。共通テストにおいては、5~7割程度得点することが合格の目安となります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

奈良教育大学の入試について、個別学力試験では小論文・面接・実技が中心となり、学力検査を設けている専修が少ない傾向にあります。小論文の正しい書き方を身につけ、試験当日に適度な緊張感で臨めるように事前に模擬面接を行いましょう。実技試験を課される専修を希望する場合は、別途対策が必要となります。入試要項をしっかりと確認しておきましょう。

 

 

奈良教育学院大学の学部情報

教育学部

 

 

奈良教育大学基本情報

公式サイト

奈良教育大学:https://www.nara-edu.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1949年

生徒数

1,108人(2021年05月時点)

教育理念

学芸の理論とその応用とを教授研究し、高い知性と豊かな教養とを備えた人材、特に有能な教育者を育てるとともに、この地方に特色のある文化の向上を図ること

 

引用元:奈良教育大学 大学の目的

 

大学の特徴

奈良教育大学は1888年に設立された奈良県尋常師範学校を起源としており、2022年「国立大学法人奈良国立大学機構 奈良教育大学」として、法人統合した奈良女子大学とともに新たなスタートを切りました。「人・環境・文化遺産との対話を通した教育の追求」「持続可能な社会づくりに貢献できる教員の養成」「教員養成と教員研修の融合」を3つの柱として、実践を重視し、自ら学び続ける次世代の教師を育成しています。また、専修にかかわらず参加できる「文化遺産教育プログラム」「SST(Super Science Teacher)養成プログラム」「ESD((Education for Sustainable Development:持続可能な開発のための教育)ティーチャープログラム」などのさまざまな教育プログラムが用意されています。資格については、教員免許のほか社会教育主事、学校図書館司書教諭、保育士、学芸員、認定心理士などが取得可能となっています。

 

 

奈良教育大学キャンパス情報

キャンパス

学部:教育学部
住所:〒630-8528 奈良市高畑町

 

 

オンライン家庭教師WAMの奈良教育大学受験対策

奈良教育大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、奈良教育大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。