奈良県立医科大学の入試情報・偏差値・受験対策

奈良県立医科大学の受験対策

偏差値・難易度

奈良県立医科大学は奈良県橿原市にある公立大学で、偏差値は65.0~70.0程度となっています。共通テストにおいても確実に合格を勝ち取るには6.5~8割以上を求められます。医学科の一般選抜は後期日程が重視されており、前期よりも募集人数や志願者数が多く、志願倍率も15倍程度と非常に高くなっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

奈良県立医科大学の一般選抜は、医学科が前期・後期日程で実施され、看護学科は前期日程のみとなっています。医学科、看護学科どちらも入学志望者数が募集人数に対して決められた倍率を超えた場合に、共通テストの成績を各教科の配点に基づき換算した成績より、第1段階選抜が実施されることがあるため、必ず選抜要項を確認しておきましょう。また、前期・後期日程で試験形式が異なるため、注意が必要です。

 

 

奈良県立医科大学の学部情報

医学部

 

 

奈良県立医科大学基本情報

公式サイト

奈良県立医科大学:https://www.naramed-u.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1945年

生徒数

1,023人(2021年05月時点)

教育理念

医学、看護学およびこれらの関連領域で活躍できる人材を育成するとともに、国際的に通用する高度の研究と医療を通じて、医学および看護学の発展を図り、地域社会さらには広く人類の福祉に寄与すること

 

引用:奈良県立医科大学|建学の精神、大学の理念 等

 

大学の特徴

奈良県立医科大学は、1947年に設置された奈良県で唯一医学部のある大学です。「広い視野を持った人間味あふれるよき医療人の育成」を目指した取り組みが行われています。英語教育を重要視しており、ネイティブ英語教員による臨床英語教育に力を入れたり、医学科2年生を対象とした海外の大学や研究機関で研究に参加する「リサーチ・クラークシッププログラム」が導入されています。現キャンパスの老朽化に伴って、新キャンパスを同じ橿原市四条町に整備中であり、2024年には新キャンパスの先行整備竣工予定となっています。また、奈良県立医科大学は漫画家手塚治虫さんが医学博士の称号を取得する際に論文指導を行ったことでも有名であり、図書館には手塚治虫さんから寄贈された医療漫画「ブラック・ジャック」のデッサンが飾られています。

 

 

奈良県立医科大学キャンパス情報

キャンパス

学部:医学部
住所:〒634-8521 奈良県橿原市四条町840

 

 

オンライン家庭教師WAMの奈良県立医科大学受験対策

奈良県立医科大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、奈良県立医科大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。