日本女子大学の入試情報・偏差値・受験対策

日本女子大学の受験対策

偏差値・難易度

日本女子大学の偏差値は学部により異なりますが47.5~62.5程度となります。最も偏差値が高いのは家政学部で、競争倍率は約2.7倍となります。共通テストにおいては、家政学部と人間科学部は7~8割程度、文学部と理学部は6~7割程度得点することが合格の目安となります。

 

入試の特徴勉強のポイント

日本女子大学の一般選抜入試は大学入学共通テスト利用型・個別選抜型・英語外部試験利用型の3種類があります。学科ごとに必要な科目が細かく指定されているため、入試要項をしっかりと確認しておく必要があります。また、学部によって試験内容が異なります。出題傾向を把握するための過去問演習は志望する学部のものを使用しましょう。

 

 

日本女子大学の学部情報

家政学部/文学部/人間社会学部/理学部/国際文化学部(2023年新設予定)

 

 

日本女子大学基本情報

公式サイト

日本女子大学:https://www.jwu.ac.jp/unv/

 

基本情報

創立年

1901年

生徒数

7,931人(2022年5月時点)※通信教育課程含む

教育理念

「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」

 

引用元:日本女子大学 教育理念

 

大学の特徴

日本女子大学は、日本で初めての組織的な女子高等教育機関として明治時代に創設された日本女子大学校を母体とし、現在は家政学部・文学部・人間者科学部・理学部の4学部からなる女子大学です。2023年には世界の多様な文化や言語を「脱教室・脱キャンパス型」の実践的なプログラムで学習する『国際文化学部』が新設予定となっています。密度の濃い授業を展開するため、すべての学科において少人数教育を実施しています。広い視野を養うために学部専門科目以外の内容を学ぶ教養特別講義や「f-Campus」と呼ばれる早稲田大学・立教大学・学習院大学・学習院女子大学との単位交換制度も導入しています。また、留学制度については、長期休暇中に参加できる海外短期研修や1学年相当まで留学が可能な協定大学留学と認定大学留学などがあります。

 

 

日本女子大学キャンパス情報

目白キャンパス

学部:全学部
住所:〒112-8681  東京都文京区目白台2丁目8の1

 

 

オンライン家庭教師WAMの日本女子大学受験対策

日本女子大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、日本女子大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。