日本大学法学部の入試情報・受験対策

日本大学法学部の受験対策

難易度

日本大学法学部の偏差値は、学科ごとに47.5~57.5程度と幅広くなっています。共通テストでは7割以上の得点が合格の目安となります。法学部の中で最も偏差値が高いのは新聞学科となっています。

入試の特徴と勉強のポイント

日本大学法学部の一般選抜は、A個別方式とN全学統一方式、C共通テスト利用方式があり、ここではA個別方式について説明します。A個別方式では第1期と第2期どちらも国語・外国語が必須科目となり、地歴公民・数学から1科目選択となっています。各科目の配点は100点です。第2期では各科目の得点を標準化得点に換算し、最高得点科目を2倍にして他の2科目と併せて合否判定が行われます。第3期では筆記試験が行われ、論理的思考力、資料読解力、基礎学力等が問われます。全体的に標準レベルの問題が出題されるため、教科書レベルの基礎は必ず身につけておきましょう。

 

 

日本大学法学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

[A個別方式]
国語は例年大問3題で構成され、マーク式と記述式で出題されます。現代文2題と古文1題となっており、難易度は標準レベルです。現代文は評論文が出題される傾向にあり、内容説明や漢字問題、空欄補充問題などが出題されます。古文は基本文法と単語を優先的に勉強しておきましょう。

数学の傾向と対策

[A個別方式]
数学は例年大問4題で構成され、全てマーク式で出題されます。難易度は教科書レベルですが問題数が多く、試験時間に余裕はありません。全分野から満遍なく出題されますが、中でも微分積分は頻出となっています。基本事項は徹底的に理解しておきましょう。時間配分を意識しながら、過去問に取り組みましょう。

英語の傾向と対策

[A個別方式]
英語は例年大問7題で構成され、解答形式は全てマーク式で、長文読解、文法・語彙、会話文など幅広い分野から出題されます。難易度は標準レベルですが問題量が多く、試験時間に余裕はありません。長文読解ではスピードを意識しながら、内容を正確に読み取る必要があります。会話文は、状況把握力が問われる問題です。基本的な会話表現は身につけておきましょう。近年出題形式が同じであるため、必ず過去問に取り組んでおきましょう。

地歴公民の傾向と対策

[A個別方式]
日本史:例年大問4〜5題で構成され、全てマーク式で出題されます。難易度は標準レベルなので、教科書の内容をしっかり覚えておきましょう。古代から近代まで満遍なく出題されていますが、史料問題が頻出となっています。語句の暗記だけでなく、時代の流れも理解しておきましょう。

世界史:例年大問4〜5題で構成され、全てマーク式で出題されます。難易度は標準レベルなので、教科書の内容をしっかり覚え、時代の流れを理解しておきましょう。出題範囲が広いため、苦手分野を作らないような勉強が必要です。年表や地図を用いた設問もあります。国や地域の位置関係を押さえておきましょう。

地理:全てマーク式で出題されます。教科書レベルの基本問題が中心なので、教科書の内容をしっかり覚えておきましょう。グラフや資料を扱う問題も出題されます。過去問を分析し、類似問題に取り組みましょう。時事問題が出題される傾向にあるため、普段からニュースや新聞で情報を入手しておきましょう。

政治・経済:例年大問4題で構成され、解答形式は全てマーク式で、全体的に標準レベルの問題ですが、やや難しい問題も含まれます。空欄補充、選択、正誤問題形式で出題され、中でも正誤問題が多くなっています。グラフを用いた問題が頻出のため、基本事項を押さえ過去問や類似問題に取り組みましょう。

 

日本大学法学部基本情報

公式サイト

日本大学法学部:https://www.law.nihon-u.ac.jp/

基本情報

創立年

1889年

生徒数

7,326人(2021年05月時点)

教育理念

「自主創造」
引用元:大学の理念

日本大学法学部の特徴

日本大学法学部は1889年に設立された130年以上の歴史を有する学部で、専門性を持った5学科で構成されています。総合大学であることを活かし、法学部以外の学部の授業を履修することが可能な「相互履修制度」を積極的に取り入れています。3・4年生で所属するゼミナールでは学科に関わらず自分の興味のあるゼミナールを選択することができ、少人数の共同研究を通してより深い研究を行うことが可能です。また、資格取得を支援する独自のサポート体制があり、難関国家資格等の合格を目指す学生のために、6つの研究室が設けられているのも特徴の一つです。

  

日本大学法学部キャンパス情報

神田三崎町キャンパス

学部:法学部
住所:〒101-8375 東京都千代田区神田三崎町2丁目3の1

 

オンライン家庭教師Wamの日本大学法学部受験対策

日本大学法学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、日本大学法学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。