日本大学危機管理学部の入試情報・偏差値・受験対策

日本大学危機管理学部の受験対策

偏差値・難易度

日本大学危機管理学部危機管理学科の偏差値は47.5程度となっています。危機管理学部は共通テストの利用はありません。

入試の特徴・勉強のポイント

日本大学経危機管理学部の一般選抜は、A個別方式とN全学統一方式があり、ここではA個別方式について説明します。A個別方式では第1期と第2期に分かれておらず、試験は1日のみです。国語・外国語が必須科目、地歴公民・数学から1科目選択となり、各科目の配点が100点となります。全体的に標準レベルの問題が出題されるため、教科書レベルの基礎は必ず身につけておきましょう。

 

 

日本大学危機管理学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

[A個別方式]
国語は例年大問3題で構成され、全てマーク式となっています。現代文2題は評論から出題され、扱われる題材は幅広くなっています。古文は、単語と文法を徹底的に押さえておきましょう。どちらも文学史の問題が出題されるため、過去問で出題形式に慣れておきましょう。

数学の傾向と対策

[A個別方式]
数学は例年大問4題で構成され、全てマーク式となっています。大問1は小問集合で出題されることが多く、範囲も幅広くなっています。苦手分作らないように勉強しておきましょう。微分積分やベクトル、場合の数と確率、三角関数、図形と方程式が頻出となっています。教科書の章末問題まで解けるようにしておきましょう。

英語の傾向と対策

[A個別方式]
英語は例年大問7題で構成され、全てマーク式となっています。長文読解、文法・語彙、会話文など幅広い問題が出題されます。基礎問題が多いため、ミスを無くして確実に得点しましょう。長文読解は、内容を正確に読み取る必要があります。会話文は、状況把握力が問われる問題です。基本的な会話表現は身につけておきましょう。基礎を固めた上で、過去問演習に取り組みましょう。

地歴公民の傾向と対策

[A個別方式]
日本史:例年大問4〜5題で構成され、全てマーク式となっています。空欄補充、正誤、説明、年表、史料問題形式が中心に出題されます。語句や年号の暗記だけでなく、時代の流れも理解しておきましょう。基本事項を身につけて、過去問で出題形式に慣れておきましょう。

世界史:例年大問4題で構成され、全てマーク式となっています。正誤、文章、年表、地図問題が出題されます。基本事項を身につけた上で、時代の流れ、国や地域の地理関係を押さえておきましょう。

政治・経済:例年大問4題で構成され、全てマーク式で、難易度はやや高めとなっています。正誤問題やグラフを用いた問題が出題されます。教科書の基本事項だけでなく、注釈まで目を通しておきましょう。入試年度に話題となった時事問題が出題される傾向にあるため、普段からニュースや新聞で情報を入手しておきましょう。

 

日本大学危機管理学部基本情報

公式サイト

日本大学危機管理学部:http://www.nihon-u.ac.jp/risk_management/

基本情報

創立年

2016年

生徒数

1,268人(2021年05月時点)

教育理念

グローバル化した現代社会を取り巻く様々な危機と向き合い,人々の生命や生活を守る強い信念と高い志を基に,リーガルマインド(法を用いて紛争や問題を解決する能力)とリスクリテラシー(危機管理能力)とを融合させた学識をもって主体的に行動し,日本の秩序の維持と国民の安全,さらには世界の平和の実現に向けて問題解決を実践する人材,すなわち「危機管理パーソン」を養成します。

 

引用元:危機管理学部 学部理念

 

日本大学危機管理学部の特徴

日本大学危機管理学部は大学創立130周年記念事業の最大の柱として、2016年に新設されました。
自然災害や事故、犯罪、情報流出、テロリズムなど社会が私たちに与える「危機」を管理するために、法学を中心とした知識と実行力を学ぶ学部です。1年次は総合教育科目や語学を中心に、専門科目の基礎を学びます。2年次では4つの領域から主専攻と副専攻を選択し、2つの専攻を中心により深く学んでいきます。また2年次の後半から関心のあるテーマに合わせたゼミナールの履修が始まります。3年次からは2つの専攻に加えて他領域の大半の科目も履修可能となり、より高度な学習を行い、広い視野と柔軟な思考力を習得することができます。

日本大学危機管理学部キャンパス情報

三軒茶屋キャンパス

学部:危機管理学部
住所:〒154-8513 東京都世田谷区下馬3丁目34の1

 

オンライン家庭教師WAMの日本大学危機管理学部受験対策

日本大学危機管理学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、日本大学危機管理学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。