日本獣医生命科学大学の入試情報・偏差値・受験対策

日本獣医生命科学大学の受験対策

偏差値・難易度

日本獣医生命科学大学は東京都武蔵野市にキャンパスを置く私立大学で、偏差値は獣医学部が45.0~67.5程度、応用生命科学部が35.0程度となります。共通テストにおいて、確実に合格を勝ち取るには5~7割以上の得点が求められます。2022年度一般選抜の実質倍率は、第1回が1.0~6.9倍、第2回が1.0~3.9倍、第3回が1.0~19.0倍と学部・学科によって大きな差が見られます。最も倍率が高いのは、獣医学部獣医学科となっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

日本獣医生命科学大学の入学者選抜は、総合型選抜・学校推薦型選抜・共通テスト利用選抜・一般選抜など多彩な試験区分となっています。一般選抜は第1回・第2回・第3回の3日程あり、第1・3回は独自試験のみで実施され、第2回は共通テストと独自試験の両方を受験する必要があります。受験科目は学部・学科によって異なるため、必ず募集要項で確認しておきましょう。入試問題の難易度にはバラつきがあるため、まずは基礎を定着させて標準レベルの問題を確実に解答できるようになることが大切です。複数年分の過去問に時間配分を意識しながら取り組み、出題傾向や形式を把握しておきましょう。

 

 

日本獣医生命科学大学の学部情報

獣医学部/応用生命科学部

 

日本獣医生命科学大学基本情報

公式サイト

日本獣医生命科学大学:https://www.nvlu.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1881年

生徒数

1,566人(2022年5月1日現在時点)

教育理念

愛と科学の心を有する質の高い獣医師と専門職及び研究者の育成

 

引用:日本獣医生命科学大学|学是・到達目標・教育理念

 

大学の特徴

日本獣医生命科学大学は、1881年に開校した日本初の私立獣医学校で、狂犬病予防ワクチンの開発に貢献した梅野信吉(第1回生及び第4代校長)を輩出しています。獣医学部(獣医学科・獣医保健看護学科)と応用生命科学部(動物科学科・食品科学科)の2学部4学科で、「動物」および「食」に関するスペシャリストの育成を行っています。「実践教育」を重視しており、付属動物医療センターと富士アニマルファーム(付属牧場)において、医療面接実習(獣医総合実習)や動物衛生学実習、家畜人口受精師講習会など様々な実習を行っています。

 

 

日本獣医生命科学大学キャンパス情報

第一校舎

学部:獣医学部・応用生命科学部
住所:〒180-8602 東京都武蔵野市境南町1丁目7-1

第二校舎

住所:〒180-0022 東京都武蔵野市境2丁目27-5

 

 

オンライン家庭教師WAMの日本獣医生命科学大学受験対策

日本獣医生命科学大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、日本獣医生命科学大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。