小樽商科大学の入試情報・偏差値・受験対策

小樽商科大学の受験対策

偏差値・難易度

小樽商科大学は北海道小樽市にキャンパスを置く国立大学で、偏差値は50.0程度となります。共通テストにおいて、確実に合格を勝ち取るには6~7割程度の得点が求められます。2022年度入試の実質倍率は入試区分によって異なりますが、昼間コースが約1.0~3.3倍、夜間主コースが約1.4~3.1倍となっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

小樽商科大学の入学者選抜は、一般選抜・学校推薦型選抜・グローカル総合入試(総合型選抜)・帰国子女入試・私費外国人留学生入試・社会人入試の6種類となります。昼間コース・夜間主コースそれぞれで選抜が行われますが、入試区分によって実施の有無が異なるため注意が必要です。一般選抜(昼間コース)は前期日程と後期日程があり、どちらの日程でも大学入学共通テストを受験する必要があります。個別学力検査は前期日程のみ行われ、試験科目は英語・数学・国語の3科目となります。また、数学の学力検査は、数学Ⅲを含まない「第一群」と数学Ⅲを含む「第Ⅱ群」に分類されているため、数学Ⅲを履修していない学生でも受験が可能となっています。必ず複数年分の過去問に取り組み、出題傾向や形式を把握しておきましょう。

 

 

小樽商科大学の学部情報

商学部

 

小樽商科大学基本情報

公式サイト

小樽商科大学:https://www.otaru-uc.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1911年

生徒数

2,231人(2022年5月1日現在)

教育理念

小樽商科大学憲章

 

小樽商科大学は、建学以来築いてきた自由な学風と実学重視の精神を継承し、さらにこれを発展させて、複雑高度化した現代社会の多元的な問題解決への貢献と人類普遍の真理探求を使命とする教育研究機関として、一層の充実を目指す。

 

引用元:国立大学法人 北海道国立大学機構 小樽商科大学|大学憲章

 

大学の特徴

小樽商科大学は国立の社会科学系単科大学で、「実学・語学・品格」を教育のモットーとして、広い視野・豊かな教養・高い倫理観を身につけ、社会の指導的役割を果たすことができる人材を育成しています。グローカル人材の育成にも力を入れており、交換留学や語学研修、海外研修プログラムといった留学プログラムが充実しています。また、キャンパス内に「輝光寮」と呼ばれる学生寮が用意されており、1人部屋と4人部屋、共用のユニットバスなどがあります。資格については、中学校(社会、英語)・高校(公民、英語、情報、商業)の教員免許が取得可能となっています。

 

 

小樽商科大学キャンパス情報

キャンパス

学部:商学部
住所:〒047-8501 北海道小樽市緑3-5-21

 

 

オンライン家庭教師WAMの小樽商科大学受験対策

小樽商科大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、小樽商科大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。