県立広島大学の入試情報・偏差値・受験対策

県立広島大学の受験対策

偏差値・難易度

県立広島大学は広島県内に4つのキャンパスを置く公立大学で、偏差値は学部・学科によって異なりますが42.5~45.0程度となります。共通テストにおいて、確実に合格を勝ち取るためには5~7割程度の得点が求められます。令和4年度一般選抜の実質倍率は、前期日程が1.1~3.8倍、後期日程が1.4~10.7倍と学部・学科・コースによって大きな差が見られます。前期・後期日程ともに実質倍率が最も高いのは、保健福祉学部 保健福祉学科 理学療法学コースとなっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

県立広島大学の入学者選抜は、一般選抜・学校推薦型選抜・総合型選抜など6つの区分に分かれています。一般選抜は前期・後期日程の2日程あり、大学入学共通テストにおいて、学部・学科・コースごとに指定されている教科・科目をすべて受験する必要があります。個別学力検査等も学部・学科・コースによって異なりますが、総合問題Aや総合問題B、面接などが課されます。必ず募集要項で受験に必要な科目を確認してから対策を行いましょう。全体的に共通テストの配点比率が大きいため優先的に取り組むことが大切です。

 

 

県立広島大学の学部情報

地域創生学部/生物資源科学部/保健福祉学部

 

県立広島大学基本情報

公式サイト

県立広島大学:https://www.pu-hiroshima.ac.jp/

 

基本情報

創立年

2005年

生徒数

2,281人(2022年5月1日現在)

教育理念

県が設立した大学として、地域に貢献する「知」の創造・応用・蓄積を図り、「地域に根ざした、県民から信頼される大学」を目指して、教育・研究・地域貢献活動を積極的に推進し、その存在価値を示します。

 

引用:基本理念-県立広島大学

 

大学の特徴

県立広島大学は、2005年に県立広島女子大学・広島県立大学・広島県立保健福祉大学の3大学が統合し誕生した大学で、地域創生学部、生物資源科学部、保健福祉学部の3学部4学科で構成されています。「地域に根ざした、県民から信頼される大学」を基本理念とし、主体的に考え、行動し、地域社会で活躍できる実践力のある人材の育成を行っています。授業には、現地体験やフィールドワーク、グループワークやディスカッションなど、「課題解決型学修」および「対話を重視した学修」を積極的に導入しています。

 

 

県立広島大学キャンパス情報

広島キャンパス

学部:人間文化学部・経営情報学部・地域創生学部
住所:〒734-8558 広島県広島市南区宇品東一丁目1番71号

庄原キャンパス

学部:生命環境学部・生物資源科学部
住所:〒727-0023 広島県庄原市七塚町5562番地

三原キャンパス

学部:保健福祉学部
住所:〒723-0053 広島県三原市学園町1番1号

サテライトキャンパスひろしま

住所:〒730-0051 広島県広島市中区大手町1丁目5−3 5・6階

 

 

オンライン家庭教師WAMの県立広島大学受験対策

県立広島大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、県立広島大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。