立命館大学スポーツ健康科学部の入試情報・受験対策

立命館大学スポーツ健康科学部の受験対策

難易度

立命館大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科の偏差値は、およそ55.0となっています。共通テストでは7割~8割近くの得点が合格の目安となります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

立命館大学スポーツ健康科学部の一般選抜は、全学統一方式(文系)と理系型3教科方式、学部個別配点方式、共通テスト併用方式があり、ここでは全学統一方式(文系)と理系型3教科方式、学部個別配点方式について説明します。全学統一方式(文系)と学部個別配点方式は、外国語・国語が必須科目となっており、地歴公民・数学から1科目選択です。全学統一方式(文系)での配点は外国語が120点、国語・選択科目が100点です。学部個別配点方式での配点は、外国語・国語が150点、選択科目が100点です。理系型3教科方式では、外国語・理科・数学の3科目で行われ、それぞれの配点は外国語・数学が150点、理科が100点となっています。立命館大学の国語はややクセがあり、古文は関関同立の中でも難易度が高いです。古文の対策には工夫が必要です。過去問で出題傾向を把握しておきましょう。

 

 

立命館大学スポーツ健康科学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

国語は例年大問3題で構成され、マーク式と記述式で出題されています。現代文2題と古文1題の出題です。大問1と2では長文を読み、漢字の読み・書き取り、文学史、空欄補充、傍線部の内容説明、本文の内容一致など総合的な国語力を問う問題が出題されます。長文の分量が多いため、スピードを意識し正確に読み解く必要があります。古文はあまり有名でない出典から1000字を超える長文が出題されます。参考書などで載っていないような問題も出題されるため、完答を目指すのではなく、解ける問題を確実に解答しましょう。基礎を徹底的に身につけ、過去問演習で出題傾向を把握しておきましょう。

※法学部・産業社会学部・国際関係学部・映像学部・経済学部・食マネジメント学部・経営学部・政策科学部・総合心理学部と同様

 

数学の傾向と対策

[全学統一方式(文系)・個別配点方式(文系型)]
数学は例年大問3題で構成され、全て記述式で出題されています。出題範囲から満遍なく出題されるため、苦手分野を作らないようにしましょう。中でも数学Ⅱ・Bから出題される比率が高く、微分積分とベクトルは頻出です。計算量が比較的に多く、迅速で正確な計算力が必要です。基本問題ではなく、応用問題が中心に出題されます。教科書の基本は徹底的に身につけ、発展問題に挑戦しておきましょう。

※法学部・産業社会学部・国際関係学部・文学部・映像学部・経済学部・食マネジメント学部・経営学部・政策科学部・総合心理学部と同様

 

[理系型3教科方式]
例年大問4題で構成され、全て記述式で出題されています。すべての設問が空所補充形式となっており、計算量が多いため、試験時間に余裕はありません。整数、指数、対数、三角関数、微分・積分、確率、図形、ベクトル、数列、方程式に重点を置いています。典型的な問題が多いため、基礎を徹底的に身につけ、基礎から標準レベルの問題の演習問題に取り組みましょう。

※食マネジメント学部・薬学部と同様

 

英語の傾向と対策

英語は例年大問5題で構成され、全てマーク式で出題されています。長文読解2題、会話文1題、文法問題2題の出題です。長文読解では内容一致問題や空欄補充、語句の意味などが中心に出題されます。難易度は標準レベルですが、扱われる題材の1つは時事的なテーマが多いため、普段から新聞やニュースを確認しておきましょう。会話文は基本的な会話表現を押さえて、満点を目指しましょう。文法は教科書レベルを徹底的に身につけておく必要があります。

※法学部・産業社会学部・国際関係学部・文学部・映像学部・経済学部・食マネジメント学部・理工学部・情報理工学部・生命科学部・薬学部・経営学部・政策科学部・総合心理学部と同様

 

地歴公民の傾向と対策

日本史:例年大問3題で構成され、全て記述式で出題されています。幅広い時代・分野から出題されるため、教科書を使って満遍なく勉強しておきましょう。中でも文化史や農業などの産業史が頻出となっており、史料問題も出題されます。漢字の間違いが起こりやすいため、漢字を正確に書けるように必要があります。

 

世界史:例年大問4題で構成され、全て記述式で出題されています。基本的な問題も出題されますが、全体的に難易度は高くなっています。毎年必ず中国史が出題され、漢字を正確に書き取る必要があるため、中国史の用語については注意が必要です。教科書を使って勉強し、注釈やコラムなど細かなところまで目を通しておきましょう。

 

地理:例年大問3題で構成され、すべて記述式で出題されます。地図やグラフを用いた問題が出題されるため、国や地域の位置関係を必ず把握しておきましょう。基本的な語句も身につける必要があります。過去問を分析し、出題傾向を把握しておきましょう。

 

政治・経済:例年大問3題で構成され、すべて記述式で出題されます。全体的に基本的な問題が多いですが、難解な問題も出題されます。教科書を使って満遍なく勉強し、基本事項の意味を理解しておきましょう。漢字の間違いが起こりやすいため、漢字を正確に書けるように必要があります。

 

※法学部・産業社会学部・国際関係学部・文学部・映像学部・経済学部・食マネジメント学部・経営学部・政策科学部・総合心理学部と同様

理科の傾向と対策

物理:例年大問3題で構成され、マーク式と記述式で出題されています。例年大問1と2は力学と電磁気で1題ずつ、残りの1題は波動、熱力学、原子から出題されます。全体的な難易度は標準レベルですが計算量が多いため、解ける問題から確実に解答しましょう。基礎的な内容を徹底的に理解し、基本問題だけでなく応用問題にも挑戦しておきましょう。

 

化学:例年大問4題で構成され、マーク式と記述式で出題されています。理論化学・無機化学・有機化学の各分野から満遍なく出題されるため、苦手分野を作らないような勉強が必要です。基礎的な内容を徹底的に理解し、融合問題にも取り組んでおきましょう。

 

生物:例年大問4題で構成され、マーク式と記述式で出題されています。ここ数年は遺伝や生態系が出題傾向にありますが、各単元から満遍なく出題されるため、教科書を使って基本事項を徹底的に身につけましょう。図や表を用いた問題も出題されます。データを読み取る力も身につけておきましょう。

 

※映像学部・食マネジメント学部・理工学部・情報理工学部・生命科学部・薬学部・総合心理学部と同様

 

 

立命館大学スポーツ健康科学部基本情報

公式サイト

立命館大学スポーツ健康科学部:http://www.ritsumei.ac.jp/shs/

基本情報

創立年

2010年

生徒数

991人(2021年05月時点)

教育理念

スポーツ健康科学の教育研究を通じて、グローバルな視野とリーダーシップを備え、スポーツ健康科学分野への理解を持ちつつ、社会の発展に貢献する人間を育成することを目的とします。

 

引用元:人材育成目的

 

立命館大学スポーツ健康科学部の特徴

立命館大学スポーツ健康科学部は2010年に設立され、スポーツ健康科学を中心に総合的・学際的な領域を学びます。1・2年次では自然科学と社会科学、スポーツ健康科学に関する基礎を学び、スポーツ健康科学の理解を深め、地域と連携した学びやインターンシップなどに挑戦します。3・4年次では「スポーツ科学」「健康運動科学」「スポーツ教育学」「スポーツマネジメント」の4つのコースに分かれて専門分野を深め、社会に貢献する実践力と大きな視野を身につけます。また高度な研究を行うための最先端の施設・設備が備わっており、自分の研究のために利用できるのも、スポーツ健康科学部の特徴の一つです。 

 

 

立命館大学スポーツ健康科学部キャンパス情報

びわこ・くさつキャンパス

学部:スポーツ健康科学部
住所:〒525-8577 滋賀県草津市野路東1丁目1の1

 

 

オンライン家庭教師Wamの立命館大学スポーツ健康科学部受験対策

立命館大学スポーツ健康科学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、立命館大学スポーツ健康科学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。