龍谷大学農学部の入試情報・受験対策

龍谷大学農学部の受験対策

難易度

龍谷大学農学部の偏差値は日程方式によって異なりますが、42.5~47.5程度です。共通テストでは、5~6割以上得点することが合格への目安です。学科による難易度の差はありません。

 

入試の特徴・勉強のポイント

龍谷大学は入試方式が充実しており、農学部の本学独自試験では「スタンダード方式」「高得点科目重視方式」があります。「スタンダード方式」は各科目の得点を合算した合計点で合否判定します。「高得点科目重視方式」は高得点1科目の得点を2倍に換算した点数と、他科目の得点の合計点で合否判定します。前期、中期の「スタンダード方式」は3科目300点満点、「高得点科目重視方式」は3科目400点満点になります。後期の「スタンダード方式」は2科目200点満点、「高得点科目重視方式」は2科目300点満点となります。農学部では農学型の入試型式となりますが、資源生物科学科(前期のみ)、食料農業システム学科は文系型の入試を受けることができます。全体的に難易度は標準レベルのため、教科書の内容を理解し、基礎をしっかりと身につけておきましょう。理科、地理歴史は一部難易度の高い問題が出題されるため、余裕があれば応用問題に慣れておくとよいでしょう。

 

 

龍谷大学農学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

試験時間60分で現代文2題、古文1題の大問3題構成です。解答形式はマーク式となっています。現代文の難易度は標準レベルで、古文はやや易しめの基礎レベル問題が出題されます。漢字、文学史が頻出で文章量、小問数が多い傾向にあるため、読むスピードを高める学習が必要です。
※文学部・経済学部・経営学部・法学部・社会学部・政策学部・国際学部・農学部・短期大学部と同様

 

数学の傾向と対策

試験時間60分、大問3題構成で記述問題が出題され、指数・対数関数、三角関数、微・積分法が頻出傾向にあります。難易度は標準レベルのため、教科書の内容をしっかりと理解し、ミスなく確実に解答する基礎学力を身につけましょう。
※文学部・経済学部・経営学部・法学部・社会学部・政策学部・国際学部・農学部・短期大学部と同様

 

英語の傾向と対策

長文問題2題、文法2題の大問4題構成で、解答形式はマーク式となっています。文法問題では会話文、並び替え問題が出題されます。試験時間は70分で、設問数が多い傾向にあるため時間配分を意識しておく必要があります。難易度は標準レベルのため、教科書の単語や文法の知識をしっかりと理解しておきましょう。
※文学部・経済学部・経営学部・法学部・社会学部・政策学部・国際学部・農学部・先端理工学部・短期大学部と同様

 

地歴公民の傾向と対策

日本史:試験時間60分、大問3題構成の小問40題で、解答形式はマーク式となっています。歴史史料を活用した問題が出題される傾向にあります。基本的に難易度は標準レベルですが、一部難易度の高い問題も含まれるため、地図・史料を含め教科書の隅々まで目を通しておくことが必要になります。

 

世界史:試験時間60分、大問3題構成で小問40題です。解答形式はマーク式となっており、中国・ヨーロッパを中心とした問題が出題される傾向にあります。基本的に難易度は標準レベルですが、教科書には掲載されていない細かな知識を問う問題も出題されるため、教科書や参考書を活用してさまざまな情報を覚えておく必要があります。

 

政治・経済:試験時間60分、大問3題構成の小問40題で、解答形式はマーク式となっています。グラフをつかった読み取り問題が出題される傾向にあります。難易度はやや高いレベルのため、教科書だけでなく参考書を使用した学習が必要になります。

 

※文学部・経済学部・経営学部・法学部・社会学部・政策学部・国際学部・農学部・短期大学部と同様

 

理科の傾向と対策

物理:試験時間60分、大問3題構成で解答形式はマーク式となっています。力学、電磁気、熱力学が出題される傾向にあります。基本的に難易度は標準レベルですが、一部難易度の高い問題も含まれるため、教科書の内容をよく読み、公式や単語などをしっかり覚えておく必要があります。

 

化学:試験時間60分、大問4題構成で解答形式はマーク式となっています。理論・無機・有機から出題されますが、理論分野の割合が多い傾向にあり、計算問題も多く出題されます。難易度は標準レベルですが、一部応用的な内容を扱った問題も含まれるため、教科書の基礎を確実におさえ、余裕があれば応用問題に慣れておくとよいでしょう。

 

生物:試験時間60分、大問4題構成で解答形式はマーク式で出題され、進化・系統の問題が頻出傾向にあります。難易度は標準レベルですが、問題数が多いため時間配分を意識して基礎問題を取り組む学習が必要になります。

 

 

龍谷大学農学部基本情報

公式サイト

龍谷大学農学部:https://www.agr.ryukoku.ac.jp/

基本情報

創立年

2015年

生徒数

1,702人(2021年5月1時点)

教育理念

建学の精神に基づいて、人類が直面する「食」と「農」に関する国内外の諸問題に対して真摯に向き合い、農学の立場から正しい判断ができる力を備えた、持続可能な社会の実現に貢献しうる人の育成を目的とする。

 

引用元:龍谷大学農学部 教育理念・目的

 

龍谷大学農学部の特徴

龍谷大学農学部は、「植物生命科学科」「資源生物科学科」「食品栄養学科」「食料農業システム学科」の4学科で構成されています。「植物生命科学科」は植物の生理や遺伝の原理など農作物の生命の仕組みを学びます。「資源生物科学科」は農作物を育てる技術を学ぶ学科です。土壌・作物・収穫物などの管理技術や高度な分析技術、環境に配慮した作物栽培の理論と技術を学修することができます。「食品栄養学科」は食の栄養と人の健康について学びます。栄養や健康の観点から農作物を捉え、人が健やかに生きるための食について学び、食べ物の生産から流通までを理解した管理栄養士の育成を行っています。「食料農業システム学科」は食と農を支える地域と経済の仕組みを学ぶ学科です。農作物の栽培・収穫・加工・流通に至る一連の流れ「食の循環」を体験できる実習が用意されています。

 

 

龍谷大学農学部キャンパス情報

瀬田キャンパス

学部:先端理工学部・社会学部・農学部
住所:〒520-2194 滋賀県大津市瀬田大江町横谷1の5

 

 

オンライン家庭教師Wamの龍谷大学農学部受験対策

龍谷大学農学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、龍谷大学農学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。