専修大学国際コミュニケーション学部の入試情報・偏差値・受験対策

専修大学国際コミュニケーション学部の受験対策

偏差値・難易度

国際コミュニケーション学部の偏差値は学科ごとに異なりますが52.5~60程度です。異文化コミュニケーション学科の偏差値と共通テスト得点率はともに日本語学科をやや上回るため、合格の難度も高くなります。

入試の特徴・勉強のポイント

専修大学国際コミュニケーション学科の入試問題は、教科書レベルの標準問題を中心に出題されます。配点については基本的にどの方式も差はありませんが、異文化コミュニケーション学科の前期C方式では英語の配点が高くなっているので、重点的に対策を行いましょう。

 

専修大学国際コミュニケーション学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

現代文・古文とも出題難度は基礎的なレベルとなっています。評論文は、設問を確認してから本文を丁寧に読みましょう。古文は単語と文法の基礎を確実にすることが大切です。国語総合問題では、ことわざや慣用句、四字熟語、文学史など多様な問題形式が出題されるので、過去問演習で傾向に慣れておきましょう。
※経済学部・経営学部・文学部・法学部・商学部・人間科学部と同様

数学の傾向と対策

基礎問題の出題が多く、解答形式は記述式となります。年度によっては、「放射線」や「平面上に図示する問題」の範囲が出題されるので、過去問演習で類似する問題に慣れておきましょう。応用問題では、計算結果だけでなくその過程も重要視されるので、答えが分からなくても解答欄を空白で提出しないようにしましょう。
※経済学部・経営学部・文学部・法学部・商学部・人間科学部と同様

英語の傾向と対策

長文読解問題では、空欄補充や内容説明などさまざまな形式で出題されます。文法や語彙問題、整序問題が頻出です。単語の暗記だけでなく前置詞や関係詞などもしっかりと学習し、文の構造を理解することが大切です。
※経済学部・経営学部・文学部・法学部・商学部・人間科学部・ネットワーク情報学部と同様

地歴公民の傾向と対策

日本史:難易度は標準レベルですが、様々な時代を偏りなく学習することが大切です。教科書と資料集を中心に基礎と時代背景を理解を深めましょう。
世界史:解答形式はマーク式ですが、文章問題での出題が多いため時間配分を意識しましょう。
地理:出題難易度は基礎~標準レベルです。地形図の読図や環境問題などの頻出問題は、過去問演習で傾向に慣れておきましょう。
公民:標準問題を取りこぼさないため、教科書を中心に重要語句や各事項の流れを学習し、過去問演習で出題傾向に慣れることが大切です。
※経済学部・経営学部・法学部・商学部・ネットワーク情報学部と同様

 

専修大学国際コミュニケーション学部基本情報

公式サイト

専修大学国際コミュニケーション学部:https://www.senshu-u.ac.jp/education/faculty/global/#anchor01

基本情報

創立年

2020年

生徒数

459人(2021年05月時点)

教育理念

日本語を含む諸言語についての研究、言語教育の手法やコミュニケーションの在り方そのものについての研究及び社会・思想・文化の研究を基礎としながら、より広い視野をもち、強靱な論理的思考を実践できる人材を養成すること

引用元:教育研究上の目的

専修大学国際コミュニケーション学部の特徴

専修大学国際コミュニケーション学部は2020年(令和2年)に文学部から独立した比較的新しい学部です。日本語学科では、世界中にある言語のひとつとしての日本語という客観的な視点から学ぶことにより、国際的な視点を培います。異文化コミュニケーション学科では、文化や言語の多様性を深く理解し、複数言語によるコミュニケーション能力を生かして国際社会に寄与する人材の育成を目指しています。また、異文化コミュニケーション学科の大きな特徴として、語学力の充実と異文化を体験するため、全員留学の制度を導入しています。

 

専修大学国際コミュニケーション学部キャンパス情報

生田キャンパス

学部:法学部・商学部・国際コミュニケーション学部
住所:〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2丁目1の1

 

オンライン家庭教師WAMの専修大学国際コミュニケーション学部部受験対策

専修大学国際コミュニケーション学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、専修大学国際コミュニケーション学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。