専修大学ネットワーク情報学部の入試情報・受験対策

専修大学ネットワーク情報学部の受験対策

難易度

ネットワーク情報学部の偏差値は入試方式により異なりますが47.5~55程度で、専修大学の学部内では比較的合格のハードルが低くなっています。

入試の特徴・勉強のポイント

専修大学ネットワーク情報学部の入試問題の傾向は毎年ほぼ一定で、教科書レベルの標準問題を中心に出題されます。国語の配点が低い傾向にあり、また学部F方式では数学の配点が高くなっています。実施要項をしっかり確認し、自分の得意科目に合わせた入試方式を選択することが大切です。

 

専修大学ネットワーク情報学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

現代文の出題難度は基礎的なレベルとなっています。評論文は、設問を確認してから本文を丁寧に読みましょう。設問形式は、漢字や内容説明、空欄補充などです。また、他学科を併願する場合を除き古文の解答は必要ありません。

数学の傾向と対策

文系数学(数Ⅰ・Ⅱ・A・B)では基礎問題の出題が多く、年度によっては「放射線」や「平面上に図示する問題」の範囲が出題されるので、過去問演習で類似する問題に慣れておきましょう。理系数学(数Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B)では「三角関数」や「確率漸化式」など幅広い範囲で出題されるので、苦手分野をなくすよう学習することが大切です。

英語の傾向と対策

長文読解問題では、空欄補充や内容説明などさまざまな形式で出題されます。文法や語彙問題、整序問題が頻出です。単語の暗記だけでなく前置詞や関係詞などもしっかりと学習し、文の構造を理解することが大切です。
※経済学部・経営学部・文学部・国際コミュニケーション学部・法学部・商学部・人間科学部と同様

地歴公民の傾向と対策

日本史:難易度は標準レベルですが、様々な時代を偏りなく学習することが大切です。教科書と資料集を中心に基礎と時代背景を理解を深めましょう。
世界史:解答形式はマーク式ですが、文章問題での出題が多いため時間配分を意識しましょう。
地理:出題難易度は基礎~標準レベルです。地形図の読図や環境問題などの頻出問題は、過去問演習で傾向に慣れておきましょう。
公民:標準問題を取りこぼさないため、教科書を中心に重要語句や各事項の流れを学習し、過去問演習で出題傾向に慣れることが大切です。
※経済学部・経営学部・国際コミュニケーション学部・法学部・商学部と同様

 

専修大学ネットワーク情報学部基本情報

公式サイト

専修大学ネットワーク情報学部:https://www.senshu-u.ac.jp/education/faculty/network/#anchor01

基本情報

創立年

2001年

生徒数

977人(2021年05月時点)

教育理念

情報学およびそれに関わる社会・人間・環境・技術・数理の包括的な教育研究を通じて、地球的視野に基づき他者と協働し、科学的かつ創造的に問題解決できる能力を有する人材を養成すること

引用元:教育研究上の目的

専修大学ネットワーク情報学部の特徴

専修大学ネットワーク情報学部は、2001年(平成13年)に創設されました。文理を融合した2つのコース・6つのプログラムが用意されており、指定された科目を履修することによってそれぞれの専門分野の理解を深めることができます。実際の現場で高度な技術力を活かせる情報のプロを育成するため、演習科目などで学生主体のグループワークを繰り返し体験し実践に役立つ能力を養います。
卒業後は、㈱日立情報通信エンジニアリング、㈱大塚商会、㈱タカラトミーなど様々な分野・業種への就職が可能です。

 

専修大学ネットワーク情報学部キャンパス情報

神田キャンパス

学部:経済学部・経営学部・文学部・人間科学部・ネットワーク情報学部
住所:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3丁目8

 

オンライン家庭教師Wamの専修大学ネットワーク情報学部受験対策

専修大学ネットワーク情報学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、専修大学ネットワーク情報学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。