滋賀県立大学の入試情報・偏差値・受験対策

滋賀県立大学の受験対策

偏差値・難易度

関西における準中堅公立大学の一つで、偏差値は学部・学科によって異なりますが、50前後です。人間文化学部の難易度が高い傾向にあります。共通テストにおいては5割弱~7割弱以上が合格に求められます。

 

入試の特徴・勉強のポイント

滋賀県立大学の入試について、一般選抜の前期は英語・国語・数学・理科から1~3科目、後期では数学・理科・総合問題・実技・小論文・グループ面接から学部・学科によって異なる内容で実施されます。ほとんどの学部・学科で共通テストの点数が重視されます。英語は英作文も出題されるため、対策が必要です。全科目記述式となっているため、時間配分に注意しましょう。

 

 

滋賀県立大学の学部情報

環境科学部工学部人間文化学部人間看護学部

 

 

滋賀県立大学基本情報

公式サイト

滋賀県立大学:https://www.usp.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1995年

生徒数

2,580人(2022年05月時点)

教育理念

学術の中心として、未来を志向した高度な学芸と、悠久の歴史や豊かな自然、風土に培われた文化を深く教授研究するとともに、未知の時代を切り拓く広い視野と豊かな創造力、先進的な知識、技術を有する有為の人材を養成する

 

引用:滋賀県立大学/理念と目的

 

大学の特徴

滋賀県立大学は、「人が育つ大学」「キャンパスは琵琶湖。テキストは人間。」をモットーとして掲げており、広い視野や創造力を備え、世界に通用する知識・技術を持った地域人材を育成しています。環境や人間に関する幅広い学問を通して、深い教養や人権感覚に加え、問題解決能力を養うことができます。 全学共通科目として設けられた「人間学」では、人間・環境・社会・文化を学びます。公開講座を開設している他、他大学や研究施設との連携による共同研究を行い、その成果を地域に還元するなど、地域社会への貢献を積極的に推進しています。資格については、中学校・高校の教員免許、学芸員、自然再生士補、社会調査士、GIS学術士、毒物劇物取扱責任者、電気主任技術者、インテリアプランナー(登録資格)、管理栄養士(受験資格)、食品衛生管理者・食品衛生監視員、看護師国家試験受験資格、社会福祉主事任用資格などが取得可能です。

 

 

滋賀県立大学キャンパス情報

キャンパス

学部:環境科学部・工学部・人間文化学部・人間看護学部
住所:〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500

 

 

オンライン家庭教師WAMの滋賀県立大学受験対策

滋賀県立大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、滋賀県立大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。