滋賀大学教育学部の入試情報・偏差値・受験対策

滋賀大学教育学部の受験対策

偏差値・難易度

教育学部の偏差値は受験型式や専攻にもよりますが、45~50程度となっています。共通テストでは6割程度の得点が合格への目安となります。滋賀大学の中では難易度は低めとなります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

教育学部の選抜方法は文系と理系があり、外国語+国語または数学となっています。その他、コース・専攻により個別試験として面接や実技が課されますので入試要項をしっかり確認しましょう。問題の難易度は標準レベルです。まずは基礎力をしっかりと定着させ、過去問で傾向を掴むようにしましょう。

 

 

滋賀大学教育学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

現代文1、古文1、漢文1の大問3題構成で、難易度は標準レベルですが、解答の記述量が多い傾向にあります。時間配分に注意しながら過去問や問題集で演習を重ねましょう。古文漢文はしっかりとした基礎知識が必要となりますので、まずは教科書内容を確実に理解しましょう。
※経済学部と同様

数学の傾向と対策

数学は大問4題構成で、全て記述式となります。難易度は標準レベルとなっています。基礎力がしっかり定着していれば対応できますので、まずは苦手範囲をなくし教科書内容を確実に理解するようにしましょう。微分積分、ベクトルが頻出傾向にありますので対策を行うとよいでしょう。
※経済学部・データサイエンス学部と同様

 

英語の傾向と対策

英語の難易度は標準レベルです。大問2~3題の構成となっており、形式としては記述問題とマーク形式の問題がバランスよく出題されます。長文問題の設問を解答するために内容を正しく理解することが大事になります。基礎力を鍛え、過去問や問題集でしっかり演習を重ねましょう。

 

 

滋賀大学教育学部基本情報

公式サイト

滋賀大学教育学部:https://www.edu.shiga-u.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1949年

生徒数

980人(2021年5月時点)

教育理念

現代社会の今日的な諸問題に積極的に対応できると同時に、問題解決能力をもった人材養成を目指す。また、人間形成にも重きをおき、学生一人ひとりの知的教養を磨き、芸術・文化・自然などに対する感受性を養うとともに、ひとに対して深い共感と理解を示し、専門知識に正しく基礎づけられた豊かな人格形成を目標とする。

 

引用元:滋賀大学教育学部 学部理念

 

滋賀大学教育学部の特徴

滋賀大学教育学部は1875年設立の滋賀県師範学校を母体とし140年以上の歴史がある学部です。カリキュラム構成は基本カリキュラム、教育参加カリキュラム、得意分野育成カリキュラムの3つの柱からなり、それぞれで段階的に学習を進めることができます。初等教育コース・中等教育コース・障害児教育コースの3コースからなり、それぞれで専攻を決定します。一般前期の文系・理系および後期日程で入学した場合は1年次春学期終了時に希望に基づき専攻を選択することになります。

 

 

滋賀大学教育学部キャンパス情報

大津キャンパス

学部:教育学部
住所:〒520-0862 滋賀県大津市平津2丁目5の1

 

 

オンライン家庭教師WAMの滋賀大学教育学部受験対策

滋賀大学教育学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、滋賀大学教育学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。