信州大学医学部の入試情報・偏差値・受験対策

信州大学医学部の受験対策

偏差値・難易度

信州大学医学部の偏差値は学科・コースによって異なりますが、52.5~65程度となっています。医学部が65と最も高く、保健学科看護学コースが52.5と最も低くなっています。共通テストでは医学部が8割以上、保健学科が7割近くの得点が合格の目安となっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

医学科では倍率が4倍を超えた場合、共通テストによる第1段階選抜が行われ、その合格者のみに個別学力試験が実施されます。共通テスト対策もしっかりと行いましょう。また面接の評価が著しく悪い場合、不合格となる可能性もありますのでこちらも対策を行いましょう。個別試験について、難問は少なく標準レベルの問題を中心に出題されます。論述問題が多い教科や独特の出題傾向となっている教科もありますので過去問で傾向を把握するようにしましょう。

 

 

信州大学医学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

理系数学
問題は大問5題構成となっています。全7題ですが大問1、2は解答の必要はありません。難易度としては標準レベルで難問奇問があるわけではありませんが、論証力や応用力を見る問題も出題されます。出題範囲も多岐に渡りますので、まずは苦手分野をなくし教科書内容をしっかりと身につけ、応用できるように演習を重ねましょう。

文系数学(保健学科)
問題は大問4題で構成されています。難易度としては標準レベルで典型的な問題が多くなっています。教科書内容をしっかりと身につけてそれを応用できるように過去問等で演習を重ねましょう。ベクトル、数列、微分積分、確率が頻出分野となりますので対策を行うとよいでしょう。
※経法学部と同様

 

英語の傾向と対策

問題は大問4題で構成されています。空所補充や語句整序、内容説明など設問形式は多岐に渡ります。問題は全て長文で、中には内容を理解することが難しい場合もあります。文章としては共通テストレベルの語彙力があれば読める文章ですので、過去問等演習を重ね。読解力を養いましょう。

※経法学部と同様

 

理科の傾向と対策

物理:大問4題構成となっています。難易度はやや難しく、問題量も多くなっています。力学分野、波動分野、電磁気分野、熱力学分野と、幅広いカテゴリから出題されています。苦手分野をなくし基礎知識を定着させ、応用もできるように演習を重ねましょう。
化学:大問4題構成となっています。難易度は標準レベルとなっていますので、教科書内容をしっかりと身につけることが重要です。理論分野と有機分野からの問題、理論と無機を絡めた融合問題が出題されています。
生物:大問4題構成となっています。難易度は標準レベルで典型的な問題が多くなります。まずは基礎知識をしっかりと身につけることが重要です。ただし100文字程度の論述問題が多い傾向にあるため、丸暗記ではなく自分の言葉で説明できるようになる必要があります。
※教育学部・理学部・医学部・工学部・農学部・繊維学部と同様

 

 

信州大学医学部基本情報

公式サイト

信州大学医学部:https://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/

 

基本情報

創立年

1949年

生徒数

1,349人(2021年5月時点)

教育理念

豊かな人間性、広い学問的視野と課題探求能力を身につけた臨床医、医療技術者や医学研究者などを育成するとともに、高度で個性的な医科学研究を行います。また医科学の教育・研究と医療活動を発展させることによって地域貢献を果たし、国際交流に寄与します。

 

引用元:信州大学医学部 基本理念

 

信州大学医学部の特徴

医学科では、初めの3年間で基礎医学を修了できるように緻密なカリキュラムが組まれています。基礎医学には患者を診察するために必要な臨床医学を学ぶうえで重要となる解剖学、生理学、細菌・ウイルス学、免疫学などが含まれています。3年次には希望する研究室で一線の研究者とともに研究を行う「自主研究演習」というカリキュラムがあり、医学の科学的な側面も学習していきます。
保健学科には看護学専攻、検査技術科学専攻、理学療法学専攻、作業療法学専攻の4つの専攻があり、それぞれの国家試験受験資格取得を目指した教育課程が設けられています。専門的な知識・技術の修得だけではなく、医学科との合同で行う新入生ゼミナールやシンガポール、ネパールでの「夏期海外研修保険医療スタディツアープログラム」など国際的な視野やコミュニケーション能力も身につけることができます。

 

 

信州大学医学部キャンパス情報

松本キャンパス

学部:人文学部、経法学部、理学部、医学部
住所:〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1

 

 

オンライン家庭教師WAMの信州大学医学部受験対策

東北大学医学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東北大学医学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。