白百合女子大学の入試情報・偏差値・受験対策

白百合女子大学の受験対策

偏差値・難易度

白百合女子大学の偏差値は、おおよそ45.0~47.5となっています。文学部では「英語英文学科」、人間総合学部では「児童文化学科・発達心理学科」の偏差値が高めとなっています。共通テストで6割前後の得点が合計の目安となります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

入試方式は、〈書類審査(事前課題)・面接〉で行う「総合型選抜」、〈書類審査・小論文・面接〉で行う「公募制学校推薦型選抜」など様々ですが、学力試験を課しているのは「一般選抜」と「共通テスト利用型」となります。「一般選抜」は〈国語・外国語(英語またはフランス語)〉の2科目試験となります。ともに記述式解答が取り入れられており、【知識・技能/思考力・判断力・表現力】を総合的に評価されます。基礎を固め、記述力を養っておきましょう。英語は外部試験の成績が利用可能です。「共通テスト利用型」は3科目受験(後期は2科目)で独自試験の実施はありません。共通テスト対策をしっかりと行いましょう。

 

 

白百合女子大学の学部情報

文学部人間総合学部

 

 

白百合女子大学基本情報

公式サイト

白百合女子大学:https://www.shirayuri.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1965年

生徒数

2,056 人(2021年5月1日現在)

教育理念

白百合女子大学における教育の基本理念はキリスト教、特にカトリシズムの世界観による人格形成にある。
本学の母体であるシャルトル聖パウロ修道女会の創立の精神に則り、知性と感性との調和のとれた女性の育成をめざす。

 

引用元:建学の精神・教育目標|白百合女子大学

 

大学の特徴

白百合女子大学は、「文学部」と「人間総合学部」の2学部6学科を有する私立大学です。フランスのシャルトル聖パウロ修道女会を設立母体とし、キリスト教精神に基づく全人教育による女性の育成を行っています。1・2年次は「キリスト教学」が必修科目、3・4年次は「宗教学」が選択必修科目となっています。少人数教育による丁寧な指導を特色とし、議論やプレゼンテーションの機会が多い実践的な演習を行っています。また将来、海外で働きたい、グローバル企業で活躍したいという希望を持つ学生のために、両学科共通で「グローバルビジネスプログラム (GBP)」というプログラムを設置しています。

 

 

白百合女子大学キャンパス情報

キャンパス

学部:文学部・人間総合学部
住所:〒182-8525 東京都調布市緑ヶ丘1-25

 

 

オンライン家庭教師WAMの白百合女子大学受験対策

白百合女子大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、白百合女子大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。