東北学院大学の入試情報・偏差値・受験対策

東北学院大学の受験対策

偏差値・難易度

東北学院大学の偏差値は42.5~50.0程度で、文学部教育学科が最も高くなっています。共通テストにおいて、5割~6割得点することが合格の目安となります。難易度としては私立準中堅~中堅レベルとなります。

入試の特徴・勉強のポイント

一般選抜は前期A・B日程3科目、後期2科目で行われます。英文学科・教育学科・国際学部国際教養学科(新設予定)は前期英語30点未満の場合は合格できないので注意しましょう。 B日程では、英語資格・検定試験の公式スコアを持っている受験生は、公式スコア換算表の換算点と試験日に受験した「英語」の点数を比較して、高得点の方を評価に使用することができます。そのほか、「大学入学共通テスト利用選抜」(独自試験なし)や「総合型選抜」などさまざな選抜方法がありますので、募集要項を確認し自分に合った選抜方法を選ぶようにしましょう。 

 

東北学院大学の学部情報

文学部/経済学部/経営学部/法学部/工学部/教養学部

 

東北学院大学基本情報

公式サイト

東北学院大学:https://www.tohoku-gakuin.ac.jp/

基本情報

創立年

1946年

生徒数

11,072人(2022年5月1日時点)

教育理念

東北学院大学は、キリスト教による人格教育を基礎として、広く知識を授けるとともに深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、もって世界文化の創造と人類の福祉に寄与することを目的とする。

 

引用元:東北学院大学 本学教育の理念・目的

大学の特徴

東北学院大学は、1886年に創立した私塾「仙台神学校」を源流とし、現在は6学部16学科を有する東北屈指の私立総合大学となっています。キリスト教による「個人の尊厳の重視と人格の完成」の教育に基づき、隣人を愛し、幅広い教養や専門的能力をもって地域や社会に貢献する人材を育成しています。教養教育を重視した教育環境が整えられており、「TGベーシック」と「英語教育」がその中核となっています。「TGベーシック」とはキリスト教について理解を深め豊かな人間性を育む「人間的基礎」と、社会で必要とされる知性を磨く「知的基礎」の科目で構成されています。2023年には4学部5学科を新設予定で、東北地方最大の総合大学として、より幅広い分野を興味関心に応じて学べるようになります。

 

東北学院大学キャンパス情報

土樋キャンパス

学部:文学部(3・4年)・経済学部(3・4年)・法学部(3・4年)・経営学部(3・4年)
住所:〒980-8511 仙台市青葉区土樋一丁目3-1

泉キャンパス

学部:文学部(1・2年)・経済学部(1・2年)・法学部(1・2年)・経営学部(3・4年)・教養学部
住所:〒981-3193 仙台市泉区天神沢二丁目1-1

多賀城キャンパス

学部:工学部
住所:〒985-8537  多賀城市中央一丁目13-1

 

オンライン家庭教師WAMの東北学院大学受験対策

東北学院大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東北学院大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。