東北大学文学部の入試情報・受験対策

東北大学文学部の受験対策

難易度

東北大学文学部の偏差値は60程度となっています。東北大学では標準的な難易度となります。共通テストで8割程度得点することが合計の目安となります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

文学部の個別学力試験では国語と外国語の配点が高くなっていますので、しっかりと対策を行いましょう。問題は基本的に標準レベルです。奇問は出題されませんが、応用力が必要となります。基礎知識はしっかりと定着していることが前提ですので、まず教科書内容を正確に理解できるようになりましょう。過去問や問題集を使用し、時間配分と傾向の把握にも努めましょう。

 

 

東北大学文学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

国語の問題は現代文2、古文1、漢文1の4題構成です。難易度は高めとなりますので、多くの問題をこなし読解力・記述力を養いましょう。古文・漢文では基本的な単語や文法は確実に覚えておきましょう。
※文学部・教育学部・法学部・経済学部と同様

 

数学の傾向と対策

難易度としては標準~やや難しいレベルとなります。大問4題構成で幅広い範囲から出題されますが、微分積分、ベクトル、確率が頻出傾向にあります。まずは基礎学力を定着させてから、応用もできるように過去問などで演習を重ねるとよいでしょう。
※文学部・教育学部・法学部・経済学部と同様

 

英語の傾向と対策

英語の問題構成は長文2、会話文1、英作文1の4題構成で総合力を問われます。難問・奇問はあまり出題されないので基礎力を確実に身につけておくことが大切になります。過去問にしっかりと取り組み、読解力、記述力を養うようにしましょう。
※文学部・教育学部・法学部・経済学部・理学部・医学部・歯学部・薬学部・工学部・農学部と同様

 

 

東北大学文学部基本情報

公式サイト

東北大学文学部:https://www.sal.tohoku.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1949年

生徒数

961人(2021年5月時点)

教育理念

現代世界が直面する複雑で困難な諸課題は、科学技術のみで解決を図ることは難しく、何よりも人間性への深い洞察に根ざした人文社会科学的知見を必要としています。そうした社会的要請に応え、人間性に対する鋭敏な感受性と現実社会に対する透徹した認識とを基盤に、国際社会の発展に積極的に貢献しうる、知性と行動力をもった人材の養成を目指します。

 

引用元:東北大学文学部 教育理念

 

東北大学文学部の特徴

東北大学文学部は人文社会学科のみの1学科からなり、26の専修が用意されています。現代日本学、考古学、東洋史、心理学、言語学など専修の内容は多岐に渡ります。学生は2年次に興味関心のある専修を選択し、学びを深めていきます。少人数教育を重視し興味関心に寄りそった丁寧な指導を受けることができます。

 

 

東北大学文学部キャンパス情報

川内キャンパス

学部:文学部・教育学部・法学部・経済学部
住所:〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内27の1

 

 

オンライン家庭教師Wamの東北大学文学部受験対策

東北大学文学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東北大学文学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。