東北医科薬科大学の入試情報・偏差値・受験対策

東北医科薬科大学の受験対策

偏差値・難易度

東北医科薬科大学は宮城県仙台市に2つのキャンパスを置く私立大学で、偏差値は学部によって異なり薬学部が37.5程度、医学部が65.0~67.5程度となります。共通テストにおいて、確実に合格を勝ち取るには5~8割以上の得点が求められます。2022年度一般選抜の実質競争倍率は、医学部が4.9倍と高くなっており、薬学部の前期が1.3倍、後期が1.7倍となっています。

入試の特徴・勉強のポイント

東北医科薬科大学の一般選抜は、学部によって形式が異なります。医学部は一次試験と二次試験の2日間で実施され、一次試験は理科・数学・外国語の学力検査、一次試験の合格者のみ行われる二次試験では小論文と面接が課されます。薬学部は前期日程と後期日程の2日程あり、いずれの日程でも理科・数学・外国語の学力検査で試験が行われます。各科目とも基礎をしっかりと学習し、基本問題から応用問題まで幅広く取り組みましょう。 

 

東北医科薬科大学の学部情報

薬学部/医学部

 

東北医科薬科大学基本情報

公式サイト

東北医科薬科大学:https://www.tohoku-mpu.ac.jp/

基本情報

創立年

1939年

生徒数

2,599人(2022年5月1日現在)

教育理念

一、思いやりの心と高い論理観をもち、専門的な知識と能力を兼ね備えた、社会に貢献できる人材を育成します。
一、真理の探究を志し、自ら課題を求め自分の力で解決できる人材を育成します。
一、友情を育み、人間形成に努めるとともに、国際的視野に立って活躍できる人材を育成します。

 

引用:東北医科薬科大学|大学概要|大学紹介

大学の特徴

東北医科薬科大学は、薬学部(薬学科・生命薬科学科)と医学部(医学科)からなる薬系大学で、真理の探究を掲げ、高度で専門的な能力を培うことを教育・研究の柱とし、人類の健康と福祉に貢献する人材の育成を行っています。医療人としての自覚を持つとともに、チーム医療に向けた連携姿勢を養うため、1年次前期から薬学科と医学部の学生がともに学ぶ機会を提供しています。教育サポートのため、薬学教育センターならび医学教育推進センターが設置されているほか、自習室として複数の場所が夜遅くまで開放されています。また、生活サポートとして組担任制度を導入しており、組担任に学業、対人関係、就職など様々な問題について相談することができます。

 

東北医科薬科大学キャンパス情報

小松島キャンパス

学部:薬学部・医学部(1・2年次)
住所:〒981-8558 宮城県仙台市青葉区小松島4丁目4番1号

福室キャンパス

学部:医学部(3年次以降)
住所:〒983-8536 宮城県仙台市宮城野区福室1丁目15番1号

 

オンライン家庭教師WAMの東北医科薬科大学受験対策

東北医科薬科大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東北医科薬科大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。