東海大学児童教育学部の入試情報・受験対策

東海大学児童教育学部の受験対策

難易度

東海大学児童教育学部の偏差値は50程度で、東海大学の学部内では標準的な難易度となります。共通テストでは、7割程度得点することが合格の目安となります。

入試の特徴・勉強のポイント

※2022年開設のため情報なし

 

 

東海大学児童教育学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

※2022年開設のため情報なし

数学の傾向と対策

※2022年開設のため情報なし

英語の傾向と対策

※2022年開設のため情報なし

地歴公民の傾向と対策

※2022年開設のため情報なし

理科の傾向と対策

※2022年開設のため情報なし

 

東海大学児童教育学部基本情報

公式サイト

東海大学児童教育学部:https://www.u-tokai.ac.jp/ud-childhood-education/

基本情報

創立年

2022年4月新設

生徒数

教育理念

児童教育学部の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、 子どもとそれを取り巻く社会状況及び教育・保育の役割を理解し、子どもの発達と学びを適切に支えることができる基礎的な知識・技能を基盤として、子どもの多様な発達と学びを総合的かつ連続的に捉える視野を持ち、そこで見出した社会・地域の課題に他者と協働的に向き合い、解決に向けて取り組むことのできる人材を養成することです。

引用元:児童教育学部教育研究上の目的

東海大学児童教育学部の特徴

東海大学児童教育学部は、2022年に新設された児童教育学科のみの学部です。保育・教育の専門知識や技能を総合的に学び、多様な子どもたちの発達を連続的視点で捉え、成長を支えることのできる教員・保育者を育成しています。「就学前教育と小学校教育の連携・接続」「多様な子どもの発達・学び」を軸としたカリキュラムによる段階的な学びに加え、体験や実習を行うことで実践力を身に付けていきます。このような学修を通して、幼稚園・小学校教諭免許と保育士資格を同時に取得することができます。保幼少連携、地域子育て支援、障がい児支援、国際理解教育の4つの「特化プログラム」が用意されており、自分の興味や関心に合わせて学ぶことで「得意」をつくり、実践力を高めます。また、地域と連携して行う現場体験プログラム「地域連携型教育プログラム」では、学内の子育て支援施設や放課後児童支援施設で地域の方々や乳幼児と交流し、保育・教育を実践的に学ぶことができます。 

 

東海大学児童教育学部キャンパス情報

湘南キャンパス

学部:文学部・文化社会学部・政治経済学部・法学部・教養学部・体育学部・健康学部・理学部・情報理工学部・建築都市学部・工学部・経営学部
住所:〒259-1207 神奈川県平塚市北金目4丁目1−1

 

オンライン家庭教師Wamの東海大学児童教育学部受験対策

東海大学児童教育学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東海大学児童教育学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。