東京電機大学工学部の入試情報・受験対策

東京電機大学工学部の受験対策

難易度

東京電機大学工学部の偏差値は、学科ごとに47.5~52.5程度となっています。共通テストでは7割近くの得点が合格の目安となります。工学部の中で偏差値が高いのは情報通信工学科となっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

東京電機大学工学部の一般選抜は、前期・英語外部試験利用・後期の3つの日程があります。前期・後期では数学・理科・英語の3科目で行われ、各科目の配点は100点です。英語外部試験利用では、出願資格に大学が指定する英語外部試験の基準スコア以上が必要です。試験は数学・理科で行われ、各科目の配点は100点です。全日程において、数学1科目が100点満点の場合に合格となる数学満点選抜方式を実施しているのが特徴です。※指定科目全て受験することが条件です。全体的な難易度は標準レベルのため、基本を徹底的に押さえておきましょう。

 

 

東京電機大学工学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

受験する日によって出題内容は変わりますが、問題の傾向はほぼ同じとなっています。例年全て記述式の大問3~5題で構成されています。数学Ⅲを含む幅広い範囲からバランスよく出題されていますが、数学Ⅲからの出題が多い傾向にあります。苦手分野を作らないようにしましょう。問題自体の難易度は標準レベルです。基礎を身に着けることはもちろんですが、微分積分が必ず出題されているため、演習問題に取り組んでおきましょう。
※システムデザイン工学部・未来科学部・理工学部と同様

 

英語の傾向と対策

受験する日によって出題内容は変わりますが、問題の傾向はほぼ同じとなっています。例年、標準レベルの長文読解問題が1~2題出題されています。長文読解問題が2題出題された場合は、スピードを意識して解答する必要があります。空欄補充問題など基本的な文法・語法問題も出題されるため、確実に基礎を身につけておきましょう。
※システムデザイン工学部・未来科学部・理工学部と同様

 

理科の傾向と対策

物理:例年大問3題で出題されています。受験する日によって出題内容が変わるため、満遍なく勉強する必要があります。中でも力学と電磁学は頻出です。難易度は標準レベルですが計算問題が多く出題される傾向にあるため、スピードを意識して過去問に取り組んでおきましょう。

 

化学:例年大問4題で出題されています。受験する日によって出題内容は変わりますが、選択問題2題と記述問題2題となっています。化学反応式の記述問題が頻出です。また計算問題も出題されます。基本事項を押さえて過去問に取り組んでおきましょう。

 

※システムデザイン工学部・未来科学部と同様

 

 

東京電機大学工学部基本情報

公式サイト

東京電機大学工学部:https://www.dendai.ac.jp/about/undergraduate/kougaku/

基本情報

創立年

1949年

生徒数

2,724人(2021年05月時点)

教育理念

工学部は、本学の建学の精神「実学尊重」、教育・研究理念「技術は人なり」に基づき、現代社会の基幹を成す科学技術分野において、過去から現代に至る「知」を継承し、さらに次世代に必要とされる新たな「知」と「技術」を創成します。 すなわち、現代社会の基幹を構成し将来に亘って必要とされる科学技術分野において、様々な状況に順応し、安全で快適な社会の発展に貢献できる優秀な技術者を養成することを目的とします。

 

引用元:工学部の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

 

東京電機大学工学部の特徴

東京電機大学工学部は1949年に設立され、6つの学科で構成されています。全学年で実施される「実験・実習」を通して工学の理解を深め、基礎技能を身につけることができます。また工学部では、産業界や社会のニーズに対応するための知識や技術を習得するための授業が用意されています。そのため全学部の中でトップの就職率を誇っています。

 

 

東京電機大学工学部キャンパス情報

東京千住キャンパス

学部:工学部
住所:〒120-8551 東京都足立区千住旭町5番

 

 

オンライン家庭教師Wamの東京電機大学工学部受験対策

東京電機大学工学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東京電機大学工学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。