東京電機大学理工学部の入試情報・受験対策

東京電機大学理工学部の受験対策

難易度

東京電機大学理工学部の偏差値は、学科ごとに47.5~52.5程度となっています。共通テストでは6割~7割近くの得点が合格の目安となります。理工学部の中で最も偏差値が高いのは情報システムデザイン学系となっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

東京電機大学理工学部の一般選抜は、前期・英語外部試験利用・後期の3つの日程があります。前期・後期では数学・理科・英語の3科目で行われ、各科目の配点は100点です。英語外部試験利用では、出願資格に大学が指定する英語外部試験の基準スコア以上が必要です。試験は数学・理科で行われ、各科目の配点は100点です。※情報システムデザイン学系のみ前期・英語外部試験利用の場合、数学・英語が必須科目となっており、理科・国語から1科目選択となっています。全日程において、数学1科目が100点満点の場合に合格となる数学満点選抜方式を実施しているのが特徴です。※指定科目全て受験することが条件です。全体的な難易度は標準レベルのため、基本を徹底的に押さえておきましょう。

 

 

東京電機大学理工学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

国語は現代文の範囲から出題されます。問題自体の難易度は標準レベルです。例年長文問題が出題されているため、読解力を身につけておきましょう。必ず過去問に取り組み、出題される内容に慣れておきましょう。
※システムデザイン工学部・未来科学部と同様

 

数学の傾向と対策

理工学部の数学は、数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bまでの範囲と、数学Ⅲを含む範囲のどちらか選択となっています。
受験する日によって出題内容は変わりますが、問題の傾向はほぼ同じとなっています。例年全て記述式の大問3~5題で構成されています。数学Ⅲを含む幅広い範囲からバランスよく出題されていますが、数学Ⅲからの出題が多い傾向にあります。苦手分野を作らないようにしましょう。問題自体の難易度は標準レベルです。基礎を身に着けることはもちろんですが、微分積分が必ず出題されているため、演習問題に取り組んでおきましょう。
※システムデザイン工学部・未来科学部・工学部と同様

 

英語の傾向と対策

受験する日によって出題内容は変わりますが、問題の傾向はほぼ同じとなっています。例年、標準レベルの長文読解問題が1~2題出題されています。長文読解問題が2題出題された場合は、スピードを意識して解答する必要があります。空欄補充問題など基本的な文法・語法問題も出題されるため、確実に基礎を身につけておきましょう。
※システムデザイン工学部・未来科学部・工学部と同様

 

理科の傾向と対策

物理:例年大問3題で出題されています。受験する日によって出題内容が変わるため、満遍なく勉強する必要があります。中でも力学と電磁学は頻出です。難易度は標準レベルですが計算問題が多く出題される傾向にあるため、スピードを意識して過去問に取り組んでおきましょう。

 

化学:例年大問4題で出題されています。受験する日によって出題内容は変わりますが、選択問題2題と記述問題2題となっています。化学反応式の記述問題が頻出です。また計算問題も出題されます。基本事項を押さえて過去問に取り組んでおきましょう。

 

生物:生命科学系のみ選択可能です。問題は記述式とマーク式で出題されます。マーク式の問題は標準的なレベルですが、記述式はやや難しくなっています。基礎を押さえて過去問に取り組んでおきましょう。

 

 

東京電機大学理工学部基本情報

公式サイト

東京電機大学理工学部:https://www.dendai.ac.jp/about/undergraduate/rikougaku/

基本情報

創立年

1977年

生徒数

2,753人(2021年05月時点)

教育理念

1.人材養成に関する目的 高度に発展を続ける将来の科学技術分野では、科学技術者自身が社会的ニーズを的確に捉え自立した発想のもとに企画・開発していくことが望まれます。そのような科学技術者を「未来型科学技術者」として、その養成を目的とします。また、未来型科学技術者は同時に社会に立脚し、リーダーとしての魅力が望まれます。人間性および教養の豊かな研究者・技術者および学校教員の育成をも目的とします。 2.教育研究上の目的 基礎分野としての理学と応用分野としての工学・情報学を基盤として学系およびコースを構成し、それらよりなる複合分野の教育研究を推進することを目的とします。

 

引用元:理工学部の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

 

東京電機大学理工学部の特徴

東京電機大学理工学部は1977年に設立され、6つの領域で構成されています。理工学部の最大の特徴は、2年生で選択する「主コース・副コース」です。主コースは所属している領域の中から選択し、副コースは所属領域以外からも選択することができ、複合的な領域を学ぶことが可能となります。また成績優秀者かつ大学院進学希望者は、3年生より大学院との連携を強化した複合領域を学び、高度な研究に取り組むことができる「理工学部オナーズプログラム」を受講することが可能です。

 

  

東京電機大学理工学部キャンパス情報

埼玉鳩山キャンパス

学部:理工学部
住所:〒350-0394 埼玉県比企郡鳩山町石坂

 

 

オンライン家庭教師Wamの東京電機大学理工学部受験対策

東京電機大学理工学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東京電機大学理工学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。