東京理科大学先進工学部の入試情報・偏差値・受験対策

東京理科大学先進工学部の受験対策

偏差値・難易度

先進工学部の偏差値は学科によって異なりますが、おおよそ55~60となっています。
共通テストで8割以上の点数を取ることが合格への目安となっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

問題の難易度は標準からやや高めとなっていてます。出題範囲もやや傾向はあるものの全範囲から偏りなく出題されますので苦手分野をなくし基礎知識をしっかりと定着させることが重要になります。一般選抜の電子システム工学科の理科は物理のみの選択となりますのでしっかりと対策を行いましょう。

 

 

東京理科大学先進工学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

問題の難易度はおおむね標準レベルとなっています。数Ⅲからの出題が多めで、微分積分、数列や関数などは頻出ですのでしっかりと対策を行いましょう。一部難問が出題されることもありますので、標準からやや難しいレベルの理系数学用問題集で演習を重ねるとよいでしょう。

 

英語の傾向と対策

問題の難易度は標準レベルとなっています。長文読解、文法、語法、会話問題など幅広い分野から出題されますので、基礎力をしっかりと定着させましょう。試験時間が60分となりますので、長文内容を素早く理解できるように速読力も必要になります。

 

理科の傾向と対策

物理:問題の難易度は標準レベルです。問題数は多めでどの分野からも出題されます。偏りなくしっかりと基礎を定着させることが重要になります。計算量も多くなっていますので、対策を行いましょう。
化学:難易度は基本から標準レベルです。理論、無機、有機と全範囲から満遍なく出題されますが理論の比重がやや多めです。苦手分野をなくし、基礎知識を確実に定着させておきましょう。計算問題も多く出題されますので、計算力を鍛えましょう。
生物:問題の難易度は標準からやや難しいレベルです、思考力を問う問題が多く出題されますので、基本知識の暗記だけではなく、実験・事象の背景まできちんと理解しておきましょう。

 

 

東京理科大学先進工学部基本情報

公式サイト

東京理科大学先進工学部:https://dept.tus.ac.jp/ade/

 

基本情報

創立年

1987年

生徒数

1,299人(2021年5月時点)

教育理念

「旧来の考え方に捉われない、学際的な科学技術の創造」

 

引用元:東京理科大学先進工学部

 

東京理科大学先進工学部の特徴

東京理科大学先進工学部には「電子システム工学科」「マテリアル創成工学科」「生命システム工学科」という3つの学科が設置されています。複雑化する社会の諸問題解決に貢献できる人材の育成を目標とし、基礎科学領域と先進工学領域、さらにそれら2つの領域を融合させたデザイン思考により新しいイノベーションを創出する「学際イノベーションフィールド」という学びが用意されています。

 

 

東京理科大学先進工学部キャンパス情報

葛飾キャンパス

学部:理学部第一部〈応用物理学科〉・工学部・先進工学部
住所:〒125-8585 東京都葛飾区新宿6丁目3の1

 

 

オンライン家庭教師WAMの東京理科大学先進工学部受験対策

東京理科大学先進工学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東京理科大学先進工学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。