東京理科大学工学部の入試情報・受験対策

東京理科大学工学部の受験対策

難易度

工学部の偏差値は学科によって異なりますが、おおよそ57.5~62です。情報工学科が工学部の中では一番難易度が高くなっています。
共通テストで8割以上、情報工学科では9割近くの点数を取れることが合格への目安となっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

問題の難易度は標準からやや高めとなっていてます。出題範囲もやや傾向はあるものの全範囲から偏りなく出題されますので苦手分野をなくし基礎知識をしっかりと定着させることが重要になります。基礎力を養ったあと、過去問で各科目の傾向を把握することが大切です。一般選抜の理科は学科によって物理か化学のどちらか1分野になりますので、しっかりと対策を行いましょう。

 

 

東京理科大学工学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

難易度は標準からやや難しいレベルとなっています。良問が多いので、基本レベルを確実に押さえ計算ミスをしないように心掛けてください。数列、三角関数、図形と式などが頻出です。数Ⅲでは微分積分が主流のでしっかり対応を行いましょう。分野にまたがる融合問題も出題されますので苦手分野をなくすようにしましょう。過去問で傾向を把握し頻出問題では難易度が高めの問題集を使用し演習を重ねるとよいでしょう。

 

英語の傾向と対策

難易度は標準レベルで基本的な問題が満遍なく出題されます。標準レベルの受験問題集の単語・熟語・文法問題は確実に覚えておき、長文内容を素早く理解できるようにしておきましょう。志望学科に関連する語彙を養っておくのもよいでしょう。
※理工学部と同様

 

理科の傾向と対策

物理 :問題の難易度としては標準レベルが中心で難問・奇問はありません。思考力を問う問題が出題されますので問題の本質を掴めるよう演習を重ねましょう。力学、電磁気、熱力学が頻出です。計算問題も多くなっているので、速く正確に計算できるようになりましょう。
化学:難易度は標準からやや難しいレベルとなっています。理論、無機、有機と全範囲から満遍なく出題されますが理論の比重がやや多めです。苦手分野をなくし、基礎知識を確実に定着させておきましょう。計算問題には難問が多い傾向にありますので、しっかりと計算力をつけるようにしましょう。

 

 

東京理科大学工学部基本情報

公式サイト

東京理科大学工学部:https://www.rs.tus.ac.jp/foe/

 

基本情報

創立年

1962年

生徒数

2,197人(2021年5月時点)

教育理念

「最先端」につながる知識と技術、技術者に不可欠な人間力を磨く

 

引用元:東京理科大学工学部

 

東京理科大学工学部の特徴

東京理科大学工学部では、建築学科、工業化学科、電気工学科、情報工学科、機械工学科の5つの学科が設置されています。企業や研究機関で活かせるようそれぞれの専門分野で基礎から応用までを実践的に学びます。社会と人と生活に役立つモノづくりを「実力主義」の伝統が保証する確かな知識と最先端の技術を持って実現していくことを目標にしています。卒業後の進学率は6割以上で、多くの学生が研究を深めるために進学を選んでいることが特徴です。

 

 

東京理科大学工学部キャンパス情報

葛飾キャンパス

学部:理学部第一部〈応用物理学科〉・工学部・先進工学部
住所:〒125-8585 東京都葛飾区新宿6丁目3の1

 

 

オンライン家庭教師Wamの東京理科大学工学部受験対策

東京理科大学工学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東京理科大学工学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。