東京都市大学建築都市デザイン学部の入試情報・偏差値・受験対策

東京都市大学建築都市デザイン学部の受験対策

偏差値・難易度

東京都市大学建築都市デザイン学部の偏差値は、学科ごとに50.0~55.0程度となっています。共通テストでは7割以上の得点が合格の目安となります。建築都市デザイン学部の中で偏差値が高いのは建築学科となっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

東京都市大学建築都市デザイン学部の一般選抜は、前期3教科型・中期3教科型・後期2教科型の3つの制度があります。前期・中期では理科・数学・英語の3教科で行われ、後期は数学が必須科目となっており、理科・英語からどちらか選択です。各科目の配点は100点です。英語の試験については、前期と中期で英語外部試験の利用が可能となっており、出願時に大学が指定する英語外部試験の基準スコア以上が必要です。全体的な難易度は標準レベルのため、各教科の基本事項は徹底的に押さえておきましょう。
※情報工学部と同様

 

 

東京都市大学建築都市デザイン学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

例年大問4題で構成されており、全範囲から満遍なく出題されます。難易度は基礎~標準レベルです。基本を中心に出題されますので、教科書を使って基礎学習を徹底しておきましょう。例年微分積分が出題される傾向にあるため、過去問や演習問題に取り組みましょう。またすべて記述式のため、計算の途中式を書く必要があります。わかりやすく記述し部分点を取れるように備えておきましょう。※前期・中期は全問記述式、後期は記述式とマーク式の併用です。
※理工学部・情報工学部と同様

 

英語の傾向と対策

例年大問5題で構成されており、記述式とマーク式の併用となっています。長文読解、会話文、英作文問題など幅広く出題されています。難易度は標準レベルですが、英文量が多いためスピードを意識する必要があります。会話文問題は基本的な会話表現を覚えておきましょう。また日本語の会話文を読み、設問に整序英作文で解答するという他の大学ではあまり見ない問題が出題されますので、必ず過去問を分析し問題に慣れておきましょう。
※理工学部・情報工学部・環境学部・メディア情報学部・都市生活学部・人間科学部と同様

 

理科の傾向と対策

前期では物理3題・化学3題・生物3題の合計9題から任意で3題選択、中期・後期では物理3題・化学3題の合計6題から任意で3題選択です。

 

物理:大問3題で構成されており、基礎レベルの問題が全分野から幅広く出題されます。満遍なく勉強し、苦手分野を作らないようにしましょう。中でも電磁力と力学が出題される傾向にあるため、過去問や演習問題に取り組みましょう。※前期のみ記述式とマーク式の併用、中期・後期は全問マーク式となっています。

 

化学:大問3題で構成されており、全分野から満遍なく出題されます。マーク式の問題は、正誤判定や計算問題を中心に標準レベルの問題となっています。記述式の問題はやや難しくなっているため、過去問を分析し問題に慣れておきましょう。※前期のみ記述式とマーク式の併用、中期・後期は全問マーク式となっています。

 

生物:大問3題で構成されており、記述式とマーク式の併用となっています。全分野から満遍なく出題され、記述式の問題はやや難しくなっています。各分野偏りなく勉強し、苦手分野を作らないようにしましょう。過去問を分析し、しっかりと学習しておきましょう。

 

※理工学部・情報工学部・環境学部・メディア情報学部・都市生活学部と同様

 

 

東京都市大学建築都市デザイン学部基本情報

公式サイト

東京都市大学建築都市デザイン学部:https://www.acu.tcu.ac.jp/

基本情報

創立年

2020年

生徒数

440人(2021年05月時点)

教育理念

・建築学科
建築学は,人間生活や社会機能を営むために,「建築」という人工環境を都市や地域に構築し,健全な都市や地域の発展に寄与することを目的とした学問である。科学技術が高度に発展した現代においては,歴史・文化を踏まえた上で都市・地域を再生し,人間生活や社会機能の高度化・複雑化に対応でき,自然環境と調和できる「建築」を考えることが重要である。このような理念に基づき,本学科では建築・都市に関わる幅広い基礎知識を持ち,さらに各自が得意とする専門領域を持った人材を育成し,社会に貢献し得る人材を輩出したいと考えている。

引用元:建築学科の特性

 

・都市工学科
都市工学科では,多方面の分野に亘る都市工学を担う人材として,下記の人材を育成することを目標としている。
・人間-自然環境-社会システムの健全かつ持続的な共生関係を理解し,安全で快適な都市環境の実現に向けて,都市の構築・維持管理,都市環境の改善・創造,及び災害に強い都市づくりに貢献できるエンジニアを養成する。
・工学の基礎力及び、シビルエンジニアリングに関する実務の理解・デザイン能力を含む総合的課題解決能力をそなえた、社会の中核となる人材を育成する。
引用元:都市工学科における人材育成目標

 

東京都市大学建築都市デザイン学部の特徴

東京都市大学建築都市デザイン学科は2020年4月に新設され、建築学科と都市工学科2つの学科で構成されています。1年次から基礎科目を学び始め、専門分野の土台を身につけます。その後、少人数制の授業を通じて応用力を身につけ、専門力と実践力を磨きます。3年次後期から自分の将来に合わせた研究室に所属して卒業研究に取り組み、専門性と社会人となった際の即戦力を身に着けます。

 

 

東京都市大学建築都市デザイン学部キャンパス情報

世田谷キャンパス

学部:建築都市デザイン学部
住所:〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1丁目28の1

 

 

オンライン家庭教師WAMの東京都市大学建築都市デザイン学部受験対策

東京都市大学建築都市デザイン学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、東京都市大学建築都市デザイン学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。