津田塾大学の入試情報・偏差値・受験対策

津田塾大学の受験対策

偏差値・難易度

関東における人気女子大学グループ「東京女子大御三家」の一つで、伝統があり、知名度も高い大学です。偏差値は学部・学科によって異なりますが、55前後です。総合政策学部の難易度が高い傾向にあります。共通テストにおいては6割弱~7割強以上が合格に求められます。

 

入試の特徴・勉強のポイント

津田塾大学の入試について、一般選抜ではA・B・Cの3つの方式があります。A方式は記述式試験で2~3科目、B方式は共通テストと個別学力試験1科目、C方式は共通テストのみの選考です。問題の難易度は標準レベルですが、英語は読解力を問う問題や英作文が出題される傾向にあるため、しっかりと対策を行いましょう。

 

 

津田塾大学の学部情報

学芸学部総合政策学部

 

 

津田塾大学基本情報

公式サイト

津田塾大学:https://www.tsuda.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1900年

生徒数

3,142人(2021年5月1日現在)

教育理念

キリスト教精神に則って、女性に幅広い教養と高度な専門的学術を教授し、国際的視野を備え、さまざまな地球的課題に対してイニシアティブを発揮して、地域社会と国際社会の双方に貢献できるオールラウンドな女性を育成する。

 

引用:津田塾大学|基本理念

 

大学の特徴

津田塾大学は、1900年に津田梅子によって創立された「女子英学塾」を前身としています。キリスト教精神に基づき、幅広い教養と専門的能力を養い、グローバルな視点を持って率先して地域・国際社会に貢献できるオールラウンドな女性を育成しています。高度な英語教育や少人数教育が特徴で、英語力だけでなく問題解決能力を身に付けることができる環境となっています。協定校留学や認定留学、語学研修など、様々な留学プログラムがあり、海外での活動を積極的に支援しています。卒業生には大企業や官公庁で働く人も多く、就職支援も充実しています。資格については、中学校・高校の教員免許が取得可能です。

 

 

津田塾大学キャンパス情報

小平キャンパス

学部:学芸学部
住所:〒187-8577 東京都小平市津田町2-1-1

 

千駄ヶ谷キャンパス

学部:総合政策学部
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24

 

 

オンライン家庭教師WAMの津田塾大学受験対策

津田塾大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、津田塾大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。