和歌山大学の入試情報・偏差値・受験対策

和歌山大学の受験対策

偏差値・難易度

和歌山県唯一の国立大学で、偏差値は学部により異なりますが47.5~50程度となります。難易度は大学入試標準レベルとなります。共通テストにおいては6割程度、経済学部の後期日程では7割以上得点することが合格の目安となります。

 

入試の特徴勉強のポイント

どの科目も標準レベルの問題が出題されます。教育学部では面接が必須となるため、模擬面接を行い対策する必要があります。経済学部・システム工学部の後期日程・観光学部では各科目の試験ではなく、総合問題が課せられます。与えられた資料に対する論理的考察力、数学的思考力、論述力などが問われます。各科目の基礎知識をしっかりと身につけた上で、過去問演習で出題傾向に慣れておきましょう。

 

 

和歌山大学の学部情報

教育学部/経済学部/システム工学部/観光学部

 

 

和歌山大学基本情報

公式サイト

和歌山大学:https://www.wakayama-u.ac.jp/

 

基本情報

創立年

1949年

生徒数

3,967人(2021年5月時点)

教育理念

和歌山大学は、大きく変化する社会において次世代の文化、教育そして産業における新しい価値の創造に取り組むとともに、その担い手となる人材の育成を、国内外の社会、特に地域社会の多様な関係者と共に取り組む。

 

引用元:和歌山大学 基本目標

 

大学の特徴

和歌山大学は、和歌山師範学校(男子部・女子部)、和歌山青年師範学校、和歌山経済専門学校を総括し、1949年に現在の教育学部である学芸学部と経済学部の2学部からなる新制大学として設置されました。その後、1966年に学芸学部を教育学部に改称し、1995年にシステム工学部、2008年に観光学部を開設しました。キャンパスの国際化に力を入れており、積極的に留学生を受け入れ、日常的に外国からの研究者や留学生とコミュニケーションを取ることのできる環境を整えています。海外留学制度については、休学せずに交流協定大学で学習する交換留学、春休みや夏休み中に参加可能な短期語学留学、休学手続きをしたうえでの長期語学留学や海外大学・大学院・専門学校への正規課程入学など多岐にわたります。資格については教職、学芸員(任用)、社会福祉主事(任用)が取得可能な他、一定の要件を満たすことで一級建築士や甲種危険物取扱者の資格も取得できます。

 

 

和歌山大学キャンパス情報

和歌山キャンパス

学部:教育学部・経済学部・システム工学部・観光学部
住所:〒640-8510 和歌山県和歌山市栄谷930

 

 

オンライン家庭教師WAMの和歌山大学受験対策

和歌山大学の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、和歌山大学の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。