早稲田大学文化構想学部の入試情報・受験対策

早稲田大学文化構想学部の受験対策

難易度

早稲田大学文化構想学部の偏差値は、およそ67.5となっています。共通テストでは9割程度の得点が合格の目安となります。文化構想学部は非常に人気が高く、毎年倍率が10倍近くとなっています。

 

入試の特徴と勉強のポイント

早稲田大学文化構想学部の一般選抜は、国語・英語・社会(世界史・日本史)となっており、国語と英語の配点が75点、社会50点の、合計200点満点です。英語4技能テスト利用試験の出願資格としてTEAP・IELTS・英検、TOEFL、ケンブリッジ英検、GTECのいずれかの英語テストの基準スコア以上が必要です。試験は国語と地歴の2教科となっています。入試問題の難度は非常に高く、国語の文章量はGMARCHの平均的な文字数と比較して、倍近くの量となっています。

 

 

早稲田大学文化構想学部の科目別傾向と対策

国語の傾向と対策

国語は例年大問3題で構成され、現代文の難度が非常に高くなっています。文章量はGMARCHレベルの文字数の倍近くあり、約5000字の評論文が出題されます。古文・漢文は標準レベルとなっていますが、融合問題が多いため演習問題に取り組んでおきましょう。

 

英語の傾向と対策

英語は例年大問5題で構成され、試験時間は90分です。例年長文読解が4題出題されており、単語レベルが高く、扱われる文章のテーマも難しくなっています。試験時間に余裕がないため、時間配分を意識しながら過去問に取り組み、感覚を掴んでおくことが大切です。

 

地歴公民の傾向と対策

日本史は例年大問4題で構成されています。解答形式はすべてマーク式で、教科書レベルの問題が大半を占めています。テーマ史を中心に苦手分野を作らないように勉強を進め、参考書も活用し知識を定着させておきましょう。

 

世界史は例年大問7~8題で構成され、解答形式はマーク式と記述式の併用です。基礎的な問題が出題されるため、年号や知識を幅広く身に付け、出来事の背景と合わせて理解しておくことが必要です。試験時間が60分と短く、解答時間に余裕はありません。時間配分を意識し解ける問題から解答していきましょう。

 

 

早稲田大学文化構想学部基本情報

公式サイト

早稲田大学文化構想学部:https://www.waseda.jp/flas/cms/

 

基本情報

創立年

設置 1949年
改組 2007年

生徒数

3726人(2021年05月時点)

教育理念

多元的・複合的な文化の様相と構造を解明し、表象の分析と文芸の創造に取り組み、人間と社会の本質に迫ることによって、新しい時代にふさわしい文化を構想する。 文化学の叡智を現代の課題で照らし、これまでの学問領域を大胆に乗り越えて、広領域的・学融合的アプローチを実践する。

引用元:早稲田大学 文化構想学部 教育理念

 

早稲田大学文化構想学部の特徴

早稲田大学文化構想学部は、第一文学部と第二文学部の再編により、2007年に文学部とともに新しく設立されました。6つの論系で構成され、それぞれに複数のプログラムが設定されています。1年次は、論系に属さず基礎演習や基礎講義によって様々な分野を学び土台を固め、2年次から論系へ進級し専門教育を受ける「1・3制」が導入されています。文学部と外国語科目・講義科目を共通化した「ブリッジ科目」と呼ばれる履修可能な科目群が1,000以上あり、論系の枠を超えた学びが可能となっています。資格については、中高校教員(一種)・博物館学芸員・司書・社会教育主事などが取得可能です。

 

 

早稲田大学文化構想学部キャンパス情報

戸山キャンパス

学部:文化構想学部・文学部
住所:〒162-8644 新宿区戸山1-24-1

 

 

オンライン家庭教師Wamの早稲田大学文化構想学部受験対策

早稲田大学文化構想学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、早稲田大学文化構想学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。