横浜国立大学経済学部の入試情報・受験対策

横浜国立大学経済学部の受験対策

難易度

横浜国立大学経済学部の偏差値は62.5~67.5程度です。共通テストでは、7割以上得点することが合格への目安です。前期日程と比べて、後期日程の難度が高い傾向にあります。

入試の特徴・勉強のポイント

横浜国立大学経済学部の入学者の選抜は、大学共通テストの成績と個別学力検査を総合して行います。前期は共通テスト900点、個別学力試験800点(数学400点、外国語400点)の配点となります。難易度は標準レベルのため、2科目とも基礎をしっかりと身につけバランスよく学習しましょう。後期は共通テスト800点、個別学力試験800点(数学800点又は外国語800点の選択科目)の配点となります。後期の個別学力検査は1科目で行われるため、幅広い範囲を勉強し、確実に点数を取れるよう対策が必要になります。

 

 

横浜国立大学経済学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

文系数学:大問3題構成で、すべて記述問題です。微分積分、確率、ベクトルが頻出傾向にあります。難易度は標準レベルですので、教科書の内容をしっかりとマスターし、基礎知識を身につけておきましょう。計算量が多く、各分野の融合問題も出題されるため、幅広い知識と素早く正確に答えを導き出せる力を身につける学習が必要となります。※経済学部・経営学部と同様

英語の傾向と対策

試験時間は90分で、長文2題、会話文1題、英作文1題の4題構成です。解答形式は記述式となっています。内容を説明する問題が多く出題されるため、読解力と、求められていることを説明できる記述力を養いましょう。また、記述量が多いため、演習問題や過去問を数多くこなし、解答スピードと基礎知識を高める学習をしておくといでしょう。※経済学部・経営学部・理工学部・都市科学部と同様

 

横浜国立大学経済学部基本情報

公式サイト

横浜国立大学経済学部:https://www.econ.ynu.ac.jp/

基本情報

創立年

1949年

生徒数

1,123人(2021年5月1日時点)

教育理念

経済社会の重要な問題を把握し、明晰な分析力を備えて、問題解決の方向を探求する力をもつ人材、必要な情報にアクセスしてそれらを分析、情報発信できる力をもった人材を養成する。経済の理論と応用、各国・地域の制度・歴史などに関する研究成果に基づいて、数学・外国語・情報処理の基礎的学力を習得させる教育、経済の理論と現実についてバランスのとれた教育、貿易港横浜を背景とした国際色が豊かな教育、グローバル化する経済の仕組みが理解できる教育、各国・地域の固有な条件(制度・歴史・文化・環境など)を深く洞察できる教育、キャリア形成を支援する教育などを総合的体系的に行う。
引用元:教育理念・目標

横浜国立大学経済学部の特徴

横浜国立大学経済学部では、経済理論や統計学などの専門的な学修ができるほか、フィールドワークを通じて現実の経済について理解を深めたり、政治経済学を中心に歴史分析や制度分析を学んだりと多様なアプローチ・分析手法に触れることができます。また英語を用いた講義や演習の授業、英語を駆使する討論会や集中キャンプといった実習・研修などグルーバル社会で通用する実践力を身につけるための機会も多く設けられています。就職先として金融機関を中心に、情報通信、製造業分野など幅広い民間企業や、公務員などがあります。

 

横浜国立大学経済学部キャンパス情報

キャンパス

学部:経済学部
住所:〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79の3

 

オンライン家庭教師Wamの横浜国立大学経済学部受験対策

横浜国立大学経済学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、横浜国立大学経済学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。