横浜国立大学経営学部の入試情報・偏差値・受験対策

横浜国立大学経営学部の受験対策

偏差値・難易度

横浜国立大学経営学部の偏差値は62.5~65.0程度です。共通テストでは、7割以上得点することが合格への目安です。前期日程と比べて、後期日程の難度が高い傾向にあります。

入試の特徴・勉強のポイント

横浜国立大学経営学部の入学者の選抜は、大学共通テストの成績と個別学力検査を総合して行います。前期は共通テスト800点、個別学力試験400点(数学400点又は外国語400点の選択科目)の配点となります。前期の個別学力検査は、1科目で行われるため、幅広い範囲を勉強し、確実に点数を取れるよう対策が必要になります。後期は共通テスト400点、個別学力試験400点(数学200点、外国語200点)の配点となります。全体的な難易度は標準レベルのため、2科目とも基礎をしっかりと身につけバランスよく学習しましょう。

 

 

横浜国立大学経営学部の科目別傾向と対策

数学の傾向と対策

文系数学:大問3題構成で、すべて記述問題です。微分積分、確率、ベクトルが頻出傾向にあります。難易度は標準レベルですので、教科書の内容をしっかりとマスターし、基礎知識を身につけておきましょう。計算量が多く、各分野の融合問題も出題されるため、幅広い知識と素早く正確に答えを導き出せる力を身につける学習が必要となります。※経済学部・経営学部と同様

英語の傾向と対策

試験時間は90分で、長文2題、会話文1題、英作文1題の4題構成です。解答形式は記述式となっています。内容を説明する問題が多く出題されるため、読解力と、求められていることを説明できる記述力を養いましょう。また、記述量が多いため、演習問題や過去問を数多くこなし、解答スピードと基礎知識を高める学習をしておくといでしょう。※経済学部・経営学部・理工学部・都市科学部と同様

 

横浜国立大学経営学部基本情報

公式サイト

横浜国立大学経営学部:https://www.cba.ynu.ac.jp/

基本情報

創立年

1967年

生徒数

1,247 人(2021年5月1日時点)

教育理念

経営学部は、グローバルに活躍できる実践的「知」を身につけたビジネス人材、技術・製品・組織・社会の革新を主導する変革型リーダー、特定分野の高い専門性をもつとともに幅広い専門知識を統合できるゼネラリストの養成を目指している。このような人材を養成するために、経営学に関連する3つの分野(マネジメント分野、アカウンティング分野、マネジメント・サイエンス分野)を基礎から段階的、分野横断的に学び、それらをグローバルな視点から総括する(グローバルビジネス分野)。
引用元:教育理念・目標

横浜国立大学経営学部の特徴

横浜国立大学経営学部では、1年次から経営学の基礎を段階的に学びます。2年次からは基礎と並行して「アカウンティング分野」「マネジメント分野」「マネジメント・サイエンス分野」からなる専門応用科目を分野横断的に学びます。3年次以降、グローバル社会に対応できる能力を養うために「グローバルビジネス分野」の科目の学修も行います。学部独自のビジネス・キャリア教育プログラムとして毎週代表取締役クラスの経営者を迎え企業経営を学ぶ授業の開講や、学生の企画力と創造性、プレゼンテーション能力を養うことを目的としたビジネス・プラン・コンテストの開催などがあります。また企業経営を模擬体験し経営学への理解を深めるゲーミング・シミュレーション「ビジネスゲーム」も実施しています。卒業後の進路として、金融、サービス、メーカー、情報通信などの業種を中心に幅広い分野へ就職しています。

 

横浜国立大学経営学部キャンパス情報

キャンパス

学部:経営学部
住所:〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79の4

 

オンライン家庭教師WAMの横浜国立大学経営学部受験対策

横浜国立大学経営学部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、横浜国立大学経営学部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。
日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。
合格に必要な学力を効率的に得ることができます。