福岡県立嘉穂高等学校附属中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2023年4月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

福岡県立嘉穂高等学校附属中学校の受験対策

難易度・偏差値

福岡県立嘉穂高等学校附属中学校は、福岡県飯塚市にある併設型の公立中高一貫校です。男女共学で、偏差値は54程度となります。附属中学校の卒業生は嘉穂高校普通科へ進学し、高校卒業後の進路は、東京大学や九州大学などの国公立大学、早稲田大学、明治大学、立命館大学、西南学院大学などの私立大学、医・歯・薬・看護系学部などへの進学の他、公務員や民間企業への就職など多岐に渡ります。

 

入試の特徴・勉強のポイント

福岡県立嘉穂高等学校附属中学校の入試は、面接と適性検査(Ⅰ・Ⅱ)、作文で実施されます。令和5年度の検査問題の構成は、50分の適性検査と40分の作文から適性検査Ⅰが40分、適性検査Ⅱと作文合わせて40分に変わりました。面接では学習意欲や目的意識、小学校での生活や学習状況など、適性検査では身の回りの様々な事柄に対して課題意識を持ち、小学校の学習で身につけた知識・技能を活用して、課題解決しようとする態度や判断力、思考力、表現力など、作文では身の回りの様々な事柄に対して課題意識を持ち、自分の考えを分かりやすく表現する態度や能力などが評価されます。複数年分の過去問演習や、模擬面接、作文の練習など、しっかりと対策しておくことが大切です

 

 

福岡県立嘉穂高等学校附属中学校の入試情報

入試科目・配点

面接

適性検査Ⅰ・Ⅱ

作文

 

参照:令和6年度福岡県立中学校及び福岡県立中等教育学校入学者決定概要

 

 

福岡県立嘉穂高等学校附属中学校基本情報

公式サイト

福岡県立嘉穂高等学校附属中学校:http://kaho-j.fku.ed.jp/Default2.aspx

 

基本情報

創立年

2015年

生徒数

236人(2022年4月20日現在)

福岡県立嘉穂高等学校附属中学校 所在地情報

〒820-0021福岡県飯塚市潤野8-12

教育理念

基本理念

「目指せ!世界を拓くトップリーダー『可能性への挑戦』」

 

引用元:福岡県立嘉穂高等学校附属中学校/校長あいさつ

 

中学校の特徴

福岡県立嘉穂高等学校附属中学校は、教育基本法及び学校教育法の精神に基づき、「心身ともに逞しく、豊かな人間性と創造性を備え、国家の繁栄と人類の平和に寄与する生徒」の育成に取り組んでいます。中等教育6年間を見通した継続的な教育課程を編成し、基礎学力の定着を目指すとともに、発展的学習を行っています。また、キャリアランニングプログラム(職場体験、大学訪問等)、グローバルプログラム(イングリッシュディベート等)、科学・情報プログラム(科学講演会、プログラミング教育等)など多岐にわたるプログラムを展開しています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの福岡県立嘉穂高等学校附属中学校受験対策

福岡県立嘉穂高等学校附属中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、福岡県立嘉穂高等学校附属中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。