福岡県立宗像中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2022年12月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

福岡県立宗像中学校の受験対策

難易度・偏差値

福岡県立宗像中学校は、宗像市にある併設型の公立中高一貫校です。男女共学で、偏差値は57程度となります。2022年度の入試競争倍率は3.61倍となり、非常に人気のある学校です。卒業生は、東京大学をはじめとする国公立大学、早稲田大学、慶應義塾大学などの難関私立大学へ進学しています。

入試の特徴・勉強のポイント

福岡県立宗像中学校の入試は、適性検査と作文、面接試験が課されます。令和5年度より検査問題の構成が変わり、試験時間40分の適性検査Ⅰと試験時間40分の適性検査Ⅱ・作文となりますが、内容は令和4年度の内容と同程度です。適性検査では、小学校の教育で身につけた基礎的な知識や技能を活用して、身のまわりの様々な事柄に関する課題を解決しようとする態度や判断力、思考力、表現力などが問われます。作文では、自らの考えを分かりやすく文章で表現しようとする態度や能力などを評価されます。複数年分の過去問や類似問題に挑戦し、出題傾向や形式に慣れておきましょう。また、先生や家族の協力を得て模擬面接を行い、試験当日の緊張感に慣れておくことも大切です。

 

 

 

福岡県立宗像中学校基本情報

公式サイト

福岡県立宗像中学校:http://munakata-j.fku.ed.jp/Default2.aspx

 

基本情報

創立年

2015年

福岡県立宗像中学校 所在地情報

〒811-3436 福岡県宗像市東郷6丁目7-1

教育理念

【設置の基本理念】

「宗像から日本へ、そして世界へ発信」

 

【学校教育目標】

主体性をもって行動し、

協働性とコミュニケーション力を生かして

夢に向かって粘り強くチャレンジする宗中生の育成

 

引用元:福岡県立宗像中学校/学校紹介 基本理念

 

中学校の特徴

福岡県立宗像中学校は、「質実剛健」・「自彊不息(理想を目指し、限りなく努力し続けること)」という校訓のもと、中高一貫教育を行っています。「たくましく、自ら励み、未来を拓くグローバル人材」の育成に向けて、6年間を通して「夢に向かって」という探究活動を実施しています。3つのプログラム(体験学習プログラム・英語スキルアッププログラム・キャリアプランニングプログラム)で構成されており、世界遺産見学や国内語学研修、企業訪問などを行っています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの福岡県立宗像中学校受験対策

福岡県立宗像中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、福岡県立宗像中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。