福岡大学附属大濠中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2022年12月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

福岡大学附属大濠中学校の受験対策

難易度・偏差値

福岡大学附属大濠中学校は、福岡市中央区にある併設型の私立中高一貫校です。偏差値は66程度で、福岡県トップレベルの進学校となります。2022年度の入試競争倍率は、男子が2.20倍、女子が2.68倍で、女子の募集人員が男子より少ないこともあり、難度は高くなっています。福岡大学附属推薦制度を利用し、校内審査を経て福岡大学のすべての学部に進学できるほか、九州大学をはじめとする国公立大学や早慶上理、MARCHなどの難関私立大学など、卒業生のほぼ100%が大学に進学しています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

福岡大学附属大濠中学校の入学選抜試験は、国語・算数・社会・理科の4教科の筆記試験で実施されます。各教科の試験時間と配点は、国語・算数が各60分の各150点、社会・理科が各40分で各100点の合計500点満点となっています。一見難しく見える問題も見方を変えたり工夫することで解ける問題などが出題されるため、様々な視点から問題に取り組みましょう。複数年分の過去問演習を解き込み、出題傾向や形式に慣れておくことが大切です。

 

 

 

福岡大学附属大濠中学校の入試情報

入試科目・配点

《試験教科》

国語(60分/150点)

算数(60分/150点)

理科(40分/100点)

社会(40分/100点)

 

参照:福岡大学附属大濠中学校 生徒募集要項・入試結果

 

 

 

 

福岡大学附属大濠中学校基本情報

公式サイト

福岡大学附属大濠中学校:https://www.ohori.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1948年

福岡大学附属大濠中学校 所在地情報

〒810-0044  福岡県福岡市中央区六本松1丁目12-1

教育理念

1 国際的な視野を養い、適正な判断力と自主性を発揮する。

2 高い知性と豊かな感性を培い、事由でのびのびとした活動をする。

3 たくましい体と思いやりの心をはぐくみ、お互いの人格を尊重する。

 

引用元:福岡大学附属大濠中学校・高等学校|学校案内|教育理念・沿革

 

中学校の特徴

福岡大学附属大濠中学校は、6ヵ年のゆとりの中で合理的な中高一貫カリキュラムを編成しています。また、国際人としてのグローバルコンペテンシィの育成のため、「短期語学研修(ホームスティプログラム)」「修学旅行」「充実した英語教育」の3つを柱に国際理解教育を実施しています。年に7回ほど、国内外の有識者を招いて講演を行う土曜講座を実施しており、福岡大学医学部と連携した「アカデミアシリーズ(医学部講座)」も開講しています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの福岡大学附属大濠中学校受験対策

福岡大学附属大濠中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、福岡大学附属大濠中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。