まだ志望校に届いていない ⼩学⽣の保護者様へ

まだ志望校に届いていない
⼩学⽣の保護者様へ

志望校に
逆転合格させます!

E判定から「滝川第二中学校」に
合格するための⼊試傾向・対策

滝川第二中学校を⽬指している⽅へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり⽅が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 滝川第二中学校の偏差値に届いていない
  • 滝川第二中学校で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、中学受験に対して不安も⼤きいと思います。
このページでは、滝川第二中学校に合格するために具体的にどうすればいいのか、
中学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

滝川第二中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2023年3月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

滝川第二中学校の受験対策

難易度

滝川第二中学校は神戸市西区にある男女共学の私立中高一貫校で、偏差値は61程度となります。2022年度の競争倍率はA日程が約1.2倍、B日程が約1.24倍、C日程が約1.54倍となります。国公立大学、難関私立大学、医歯薬学部系、海外大学、専門学校など卒業生の進学先は多岐にわたります。

入試の特徴・勉強のポイント

滝川第二中学校の入試は複数日程あり、日程により試験内容が異なるため注意が必要です。AⅠ特色入試では親子面接が課され、特技資料の提出も必要となるため、受験を検討している場合は、必ず入試要項を確認しておきましょう。全体的に基礎知識の定着を問う標準レベルの問題となります。苦手分野を作らないようバランスよく学習しましょう。過去問演習で出題傾向を把握しておくことも大切です。

 

滝川第二中学校の入試情報

入試科目・配点

●AⅠ入試

国語(50分/150点)

算数(50分/150点)

理科(40分/100点)

 

●AⅡ入試

国語(40分/100点)

算数(40分/100点)

 

●AⅠ特⾊⼊試

国語基礎(50分/100点)

作⽂(50分/100点)

親⼦⾯接(15分/100点)

特技資料(100点)

 

● B日程

国語(50分/150点)

算数(50分/150点)

 

● C日程

国語(40分/100点)

算数(40分/100点)

 

【加点制度】

●全日程共通

エキスパート未来創造コースを第一志望とした場合+5点の優遇点を追加。

兄弟・姉妹が在籍している場合、AⅠ日程入試の考査得点に+10点の優遇点を追加。

AⅡ・B・C 日程入試の考査得点に+5点の優遇点を追加。(事前申し出制となります。)

 

●AⅠ・AⅡ日程共通

AⅠ・AⅡ日程をダブル受験した場合、AⅠ・AⅡ入試それぞれの考査得点に+5点の優遇点を追加。

 

●AⅠ日程

I.U.E.知識実践コースを受験の場合、英検取得者は各級に応じて優遇点を追加。(出願後、期限までに証明書を郵送する。)

4級:+10点 3級:+20点 準2級:+30点 2級以上:+40点

※AⅡ・B・C 日程は、AⅠ優遇点の半分

4級:+5点 3級:+10点 準2級:+15点 2級以上:+20点

 

参照:滝川第二中学校 2022年度入試要項概要

 

滝川第二中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問5~6題構成で大問1.2は計算・一行問題、大問3以降が応用問題となります。解答形式は数値のみの記入となるため、記述式とは違い部分点はありません。計算ミスなどのケアレスミスをしないよう丁寧な解答を心がけましょう。幅広い範囲から出題されますが、規則性や数の性質、速さとグラフは頻出分野となるので、重点的に学習すると良いでしょう。

国語の傾向と対策

例年、説明文や随筆(物語文)などの読解問題と知識問題が出題されます。難易度は基本~標準レベルですが、一部発展的な問題も含まれます。読解問題の素材文は合わせて6000~7000字程度となるため、読解力や速読力が必要となります。解答形式は記述式のほか、抜き出し、要約、作文などがあります。過去問演習で出題傾向を把握しておくと良いでしょう。

理科の傾向と対策

例年、物理・化学・生物・地学の各分野からバランスよく出題されます。解答は単位まで記入が必要な問題もあるため、設問文をしっかりと確認しましょう。実験や観察に関する問題が頻出となるため、実験の手順や器具の名前まで正確に覚えておくことが大切です。また、計算問題や作図問題も出題されるため、過去問演習で出題傾向に慣れておくと良いでしょう。

 

滝川第二中学校基本情報

公式サイト

滝川第二中学校:https://takigawa2.ed.jp/

基本情報

創立年

2004年

生徒数

260名(2021年4月時点)

滝川第二中学校 所在地情報

〒651-2276 兵庫県神戸市西区春日台6丁目23番

教育理念

「全人教育」

引用元:中学校のご案内

中学校の特徴

滝川第二中学校では、コース制とステージ制を導入しています。各コースでそれぞれのステージにあった教科学習と情操教育を行うことで学力向上と人間形成を目指しています。コースは数理教科を重視したハイレベルな授業を展開する「プログレッシブ数理探究コース」、高度な語学力と国際的な感覚を磨きグローバルに活躍する人材を育成する「I.U.E.知識実践コース」、さまざまな体験を通して一人ひとりの可能性を探り、理解力・進度にあった学習指導を行う「エキスパート未来創造コース」の3コースが設置されています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの滝川第二中学校受験対策

滝川第二中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、滝川第二中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。