まだ志望校に届いていない ⼩学⽣の保護者様へ

まだ志望校に届いていない
⼩学⽣の保護者様へ

志望校に
逆転合格させます!

E判定から「金沢大学附属中学校」に
合格するための⼊試傾向・対策

金沢大学附属中学校を⽬指している⽅へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり⽅が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 金沢大学附属中学校の偏差値に届いていない
  • 金沢大学附属中学校で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、中学受験に対して不安も⼤きいと思います。
このページでは、金沢大学附属中学校に合格するために具体的にどうすればいいのか、
中学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

金沢大学附属中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2022年11月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

金沢大学附属中学校の受験対策

難易度

金沢大学附属中学校は、金沢市平和町にある国立中学校です。男女共学で、偏差値は57程度となります。附属高校はありますが、半数以上は受験して県内外の公立・私立高校へ進学しています。

入試の特徴・勉強のポイント

金沢大学附属中学校の選考は、国語・算数・総合(理科・社会の総合問題)の学力検査と体育実技、個人面接で行われます。学力検査の試験時間は、それぞれ40分です。全体的にやや難レベルとなるため、基礎固めを徹底した上で、さまざまな発展問題にも挑戦しましょう。体育実技は、運動神経というよりも運動にまじめに取り組む姿勢が重要となります。面接は個人面接となるため、先生や家族の協力を得て模擬面接を行い、試験当日の緊張感に慣れておくと良いでしょう。

 

金沢大学附属中学校の入試情報

入試科目・配点

《選考について》

国語(40分)

算数(40分)

総合(40分)

体育実技

面接(個人)

参照:令和5年度 生徒募集要項

 

◎帰国生

《選考について》

作文(日本語/40分)

算数(40分)

作文(英語/40分)

体育実技

面接(個人)

参照:令和5年度 生徒募集要項(帰国生)

 

金沢大学附属中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、試験時間40分で、計算問題から文章問題、平面図形、空間図形などが出題されます。計算問題は、基礎レベルから項の多いやや複雑な問題まで出題されるため、計算ミスなどのケアレスミスをしないよう丁寧な解答を心がけましょう。基礎知識をしっかりと身につけた上で、少しずつ発展問題にも挑戦し難度に慣れていきましょう。出題傾向や形式を把握するために、複数年分の過去問に取り組むことも大切です。

国語の傾向と対策

例年、試験時間40分で、論説的文章と小説的文章による長文読解問題が出題されます。論説的文章では筆者の主張、小説的文章では登場人物の心情について正確に読み取る力が問われます。さまざまなテーマの長文問題に挑戦し、読解力や精読力を養いましょう。

 

金沢大学附属中学校基本情報

公式サイト

金沢大学附属中学校:http://partner.ed.kanazawa-u.ac.jp/futyu/

基本情報

創立年

1949年

生徒数

476人(令和3年5月1日現在)

金沢大学附属中学校 所在地情報

〒921-8105 石川県金沢市平和町1-1-15

教育理念

学校教育目標

自由闊達な気風の中で、広い視野と豊かな人間性を持ち、

将来、社会的使命を果たす生徒を育成する。

引用元:金沢大学附属中学校|教育目標&使命

中学校の特徴

金沢大学附属中学校の正式名称は「金沢大学人間社会学域学校教育学類附属中学校」であり、国立大学附属学校として中等普通教育を行うとともに、教育に関する研究活動や教育実習生の受け入れ等を行っています。「確かな学力」「豊かな人間性」「健康・体力」を育成するため、STEAM 教育や道徳教育の充実、家庭や地域と連携した健康教育の推進など様々な取り組みを実施しています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの金沢大学附属中学校受験対策

金沢大学附属中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、金沢大学附属中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。