まだ志望校に届いていない ⼩学⽣の保護者様へ

まだ志望校に届いていない
⼩学⽣の保護者様へ

志望校に
逆転合格させます!

E判定から「鹿児島第一中学校」に
合格するための⼊試傾向・対策

鹿児島第一中学校を⽬指している⽅へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり⽅が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 鹿児島第一中学校の偏差値に届いていない
  • 鹿児島第一中学校で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、中学受験に対して不安も⼤きいと思います。
このページでは、鹿児島第一中学校に合格するために具体的にどうすればいいのか、
中学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

鹿児島第一中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2022年12月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

鹿児島第一中学校の受験対策

難易度

鹿児島第一中学校は、鹿児島県霧島市にある併設型の私立中高一貫校です。男女共学で、偏差値は51程度となります。卒業生は、鹿児島大学、北九州市立大学、大阪大学などの国公立大学や、崇城大学、鹿児島国際大学、関関同立などの私立大学のほか、大学校や短期大学、専門学校、海外大学などへ進学しています。

入試の特徴・勉強のポイント

鹿児島第一中学校の入試は、前期入試と後期入試の2日程あります。前期入試は面接と、国語・算数が必須で、社会・理科・英語から2教科を選択して受験します。自分の得意科目を考慮して、教科を選択しましょう。後期入試は国語・算数・社会・理科の4教科と面接試験が課されます。各科目とも、苦手分野を作らないようにバランスよく学習しましょう。また、複数年分の過去問演習で、出題傾向や形式を把握しておくことが大切です。

 

鹿児島第一中学校の入試情報

入試科目・配点

【前期入試】

《選考方法》

必須:国語、算数(各50分)

選択:社会・理科・英語(各30分)

面接

 

※社会及び理科の2教科を選択する受験生は初めの30分で「社会」を解答する。その後、5分の答案用紙回収時間(中途退出は不可)を経たのち、残りの30分で「理科」を解答する。

※英語を選択する受験生は初めの30分で出願時に選択している教科(社会または理科)を解答する。その後、5分の答案用紙回収時間(中途退出は不可)を経たのち、残りの30分で英語を解答する。

 

【後期入試】

《選考方法》

必須:国語、算数(各50分)社会、理科(各30分)

面接

 

参照:令和5年度 生徒募集要項|鹿児島第一中学校

 

鹿児島第一中学校基本情報

公式サイト

鹿児島第一中学校:https://j-kd.tsuzuki-edu.ac.jp/

基本情報

創立年

1996年

鹿児島第一中学校 所在地情報

〒899-4345 鹿児島県霧島市国分府中214番地

教育理念

建学の精神

「個性の伸展による人生錬磨」

引用元:鹿児島第一中学校|建学の精神

中学校の特徴

鹿児島第一中学校は、自在性・独自性を生かしたカリキュラムを編成するとともに、習熟度別授業・少人数指導を取り入れた細かな指導を実践しています。3人の外国人教師による英会話の授業や、オーストラリアへの英語研修プログラム、シンガポールへの修学旅行など国際社会で活躍できる人材の育成を目指し、さまざまな英語教育に取り組んでいます。また、学習支援クラウドサービス「Classi(クラッシー)」を導入しており、日々の授業記録の共有・分析や自宅学習などに活用しています。

 

オンライン家庭教師WAMの鹿児島第一中学校受験対策

鹿児島第一中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WANがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、鹿児島第一中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。