横浜女学院中学校の中学入試情報・受験対策

横浜女学院中学校の受験対策

難易度

横浜女学院中学校は、神奈川県横浜市にある完全型の私立女子中高一貫校です。偏差値は51程度となります。2023年度の入試競争倍率はクラスや入試方式によって異なり1.23~5.00倍(特別奨学入試除く)で、国際教養クラスのC-1日程が最も高くなっています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

横浜女学院中学校の入試は、クラスごとに試験を実施しています。国際教養クラスは、A-1~E-1入試の5種類と特別奨学入試Ⅰ・Ⅱ、アカデミークラスはA-2~E-2入試の5種類と特別奨学入試Ⅰ・Ⅱに分かれています。国際クラスは①国語・算数・社会・理科、②英語・国語、③英語・算数のいずれかを選択、アカデミークラスは①国語・算数、②国語・算数・社会・理科、③英語・国語、④英語・算数のいずれかを選択して受験します。募集要項で詳細を確認した上で、自分の得意科目を考慮して受験科目を選択しましょう。

 

 

横浜女学院中学校の入試情報

入試科目・配点

【国際教養クラス】

《A-1/B-1/C-1/D-1/E-1入試》

①~③から1つ選択

①国語・算数・社会・理科

②英語・国語

③英語・算数

 

《特別奨学入試Ⅰ/特別奨学入試Ⅱ》

①~③から1つ選択

①国語・算数・社会・理科

②英語・国語

③英語・算数

 

 

【アカデミークラス】

《A-2/B-2/C-2/D-2/E-2入試》

①~④から1つ選択

①国語・算数

②国語・算数・社会・理科

③英語・国語

④英語・算数

 

《特別奨学入試Ⅰ/特別奨学入試Ⅱ》

①~④から1つ選択

①国語・算数

②国語・算数・社会・理科

③英語・国語

④英語・算数

 

 

<試験時間/配点>

国語、算数(各50分/各100点)

社会、理科(各30分/各60点)

英語(30分/60点)

 

 

【共通追試】

国語、算数(各50分)

社会、理科(各30分)

 

 

参照:2023年度中学校入試募集要項

 

 

横浜女学院中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

《2022年度》
試験時間50分の100点満点で、大問6題構成となります。大問1.2が計算問題と小問集合、大問3以降が単元ごとの応用問題となります。計算ミスなどのケアレスミスをしないよう丁寧な解答を心がけましょう。単元ごとの問題では、規則性や旅人算などが出題され、途中式の記述が必要な問題も含まれます。全体的に問題量が多いため、時間配分には注意が必要です。また、年々平均点が下がり、問題の難易度が上がっている傾向にあるため、基礎知識をしっかりと身につけた上で、発展問題にも取り組んでおきましょう。

 

国語の傾向と対策

《2022年度》
試験時間50分の100点満点で、大問3題構成となります。知識問題が1題と読解問題が2題出題されます。知識問題は、漢字や慣用句などに関する問題となるため、毎日コツコツ学習し、ことばの知識を身につけましょう。読解問題は、説明的文章から2題出題されるため、日ごろから読書などを通して筆者の主張を正しく読み取る力を養うことが大切です。解答形式は、選択や抜き出し、記述式となります。記述式の問題は、60字程度や100字程度で、問題文が示す条件に沿って記述する必要があります。複数年分の過去問演習で、出題傾向や形式を把握しておくと良いでしょう。

 

理科の傾向と対策

《2022年度》
試験時間30分の60点満点で、大問3題構成となります。小学校で習う各分野から、図・写真などの資料を用いた問題が出題されます。基礎知識の定着を問う問題となるため、教科書を中心に基本事項をしっかりと身につけましょう。記号選択が中心となりますが、計算や用語記入、並び替え、記述など出題形式は多岐にわたります。出題傾向や形式を把握するために、複数年分の過去問に取り組むと良いでしょう。

 

社会の傾向と対策

《2022年度》
試験時間30分の60点満点で、大問3題構成となります。地理・歴史・政治経済の各分野からバランスよく出題されます。基礎知識の定着を問う問題が中心となるため、教科書や資料集で、しっかりと基本事項を確認しておきましょう。解答形式は記号選択のほか、用語記入や記述式となります。また、時事問題も出題されるため、日頃からニュースや新聞にも目を通して社会情勢などを把握しておくと良いでしょう。

 

 

横浜女学院中学校基本情報

公式サイト

横浜女学院中学校:https://www.yjg.y-gakuin.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1947年

横浜女学院中学校 所在地情報

〒231-8661 神奈川県横浜市中区山手町203番地

教育理念

「愛と誠」の人間教育のモデル

キリスト教教育 学習指導 共生教育

 

引用元:教育理念/教育方針 | 学校案内 | 横浜女学院中学校 高等学校

 

中学校の特徴

横浜女学院中学校は、プロテスタントのキリスト教精神による女子の人間教育を行う中高一貫校です。教科学習と人間教育、国際教育を英語で実践する〈国際教養クラス〉、緻密な学習体制のもと難関大学進学を目指す〈アカデミークラス〉が設置されています。両クラスとも、持続可能な社会の発展のための教育の核として、様々な課題に取り組むESD(Education for Sustainable Development)活動を実施しています。中学3年には全員参加のニュージーランド海外セミナーがあり、国際教養クラスは約30日間、アカデミークラスは約14日間のプログラムとなっています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの横浜女学院中学校受験対策

横浜女学院中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、横浜女学院中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。