沖縄尚学高等学校附属中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2022年12月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

沖縄尚学高等学校附属中学校の受験対策

難易度

沖縄尚学高等学校附属中学校は、那覇市国場にある併設型の私立中高一貫校です。男女共学で、偏差値は56程度となります。男女とも学生寮が設置されているため、本島北部や離島、本土など全国から受験生が集まります。卒業生は、京都大学をはじめとする国公立大学や、早慶上理、MARCHなどの難関私立大学へ進学しています。

 

入試の特徴・勉強のポイント

沖縄尚学高等学校附属中学校の入試は、推薦入試・一般入試(前期・後期)の全3日程実施されます。推薦入試は国語・算数の2科目と面接、一般入試は国語・算数・社会・理科の4科目と面接試験が課されます。一般入試(前期)のみ本校と東京の2か所で試験が実施され、東京会場の面接試験は、専願受験者のみとなります。各科目とも基礎から丁寧に学習し、複数年分の過去問や類似問題に取り組むことで、出題傾向や形式に慣れておきましょう。

 

 

沖縄尚学高等学校附属中学校基本情報

公式サイト

沖縄尚学高等学校附属中学校:https://www.okisho.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1986年

生徒数

835人(2022年度現在)

沖縄尚学高等学校附属中学校 所在地情報

〒902-0075 沖縄県那覇市国場747

教育理念

一、怖れず・侮らず・気負わずやるべきことに取り組む

一、暖かみ・厳しさ・知性を身につけ感謝と奉仕の心を実践する

 

引用元:沖縄尚学高等学校・附属中学校|本学園が目指すもの

 

中学校の特徴

沖縄尚学高等学校附属中学校は、「尚学パイオニアコース」と「尚学チャレンジャーコース」の2コース制で、人間力と学力の早期養成を実現させる6年一貫教育を行っています。各コースに1クラスずつ「English Advanced Class (英語上級クラス)」が設置されており、英語の授業のみホームルームクラスから移動して別クラスで受講します。また、高校卒業までに沖縄伝統空手の黒帯取得が目標となっており、週1回(70分)で必修授業化しています。

 

 

オンライン家庭教師WAMの沖縄尚学高等学校附属中学校受験対策

沖縄尚学高等学校附属中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、沖縄尚学高等学校附属中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。