関西学院千里国際中等部の中学入試情報・受験対策

※本記事は2022年4月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

関西学院千里国際中等部の受験対策

難易度・偏差値

関西学院千里国際中等部は、大阪府箕面市にある併設型の私立中高一貫校です。男女共学で、偏差値は57程度となります。2022年度の入試競争倍率は、一般生・国際生入試合わせて2.44倍となっています。院内推薦制度により基準を満たした学生は関西学院大学へ進学することができる他、大阪大学や岡山大学などの国公立大学、早慶上理、MARCH、関関同立などの私立大学、専門学校、海外大学へ進学しています。

入試の特徴・勉強のポイント

関西学院千里国際中等部の入試は、一般生入試、国際生入試、帰国生入試、海外生入試の大きく4種類となります。一般生・国際生入試は、いずれも国語・算数の筆記試験と生徒面接が課されますが、国際生入試は出願に先立ち、事前に受験資格審査を受ける必要があります。帰国生・海外生入試はオンライン(書類審査・作文・個人面接)で実施されますが、学科での受験を希望する場合は、1月にキャンパスで行われる帰国生筆記入試を受験します。対象となる生徒や試験内容などの詳細は、必ず募集要項で確認しておきましょう。一般生・国際生・帰国生筆記入試は、すべて同日に行われるため、筆記試験は同一となります。公式HPに過去3年分の入試問題が掲載されているため、試験慣れや力試しに挑戦しておくことが大切です。

 

 

関西学院千里国際中等部の入試情報

入試科目・配点

【一般生入試】

〇入試内容

試験:国語・算数(各50分)

生徒面接

 

【国際生入試】

※出願に先立ち、事前に受験資格審査(受験生本人と保護者面接)あり

 

〇入試内容

試験:国語・算数(各50分)

生徒面接

 

【帰国生・海外生入試】

※全てオンライン

帰国生入試(6月・1月)

帰国生特別入試(8月・11月・3月)

海外生入試(11月)

 

〇入試内容

事前の書類審査

作文(英語か日本語/60分/文字数指定なし)

個人面接(2名の面接官/英語と日本語(言語力は問われない))

保護者面接(合否への影響なし)

 

【帰国生筆記入試(1月実施)】

※1月帰国生入試との併願不可

〇入試内容

筆記試験:国語・算数(各50分)

生徒面接(グループ面接)

保護者面接:教員1名(合否への影響なし)

 

 

参照元:2023年度 入試要項

参照元:2022年度実施 入試要項 帰国生・海外生用

 

 

関西学院千里国際中等部の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問3題構成で、大問1が小数や分数を含む四則計算、大問2・3が規則性や価格、整数、速さ、平均、場合の数、旅人算、図形、作図などの文章題、大問4・5では立体図形、割合、規則性の問題などが出題されています。出題範囲が幅広いため、バランスよく学習し、苦手単元を作らないようにしましょう。また、複数年分の過去問や類似問題など、多くの問題で演習を重ねることが大切です。

 

国語の傾向と対策

例年、大問2題構成で、論説文と物語文から1題ずつとなります。設問の中に漢字の読み書き問題が含まれるため、普段からコツコツと学習し、多くの漢字を身につけておきましょう。解答形式は、記号選択の他、抜き出しや本文中の言葉を使って指定された字数内で答える問題、説明記述など、全体的に記述量が多くなっています。読書や過去問、類似問題など多くの問題で演習を重ね、読解力や内容把握力、記述力などを養いましょう。

 

作文の傾向と対策

作文は、英語か日本語のどちらかを選択します。内容が重視されているため、自分をよく表現できる言語を選ぶことが大切です。HPに作文問題の例が掲載されているため、実際に書く練習を行い、先生から添削指導を受けることで正しい言葉遣いや記述力、表現力などを養う必要があります。詳しい採点基準については、作文評価ルーブリックで確認しておきましょう。

 

 

 

 

関西学院千里国際中等部基本情報

公式サイト

関西学院千里国際中等部:https://www.kwansei.ac.jp/sis/

基本情報

創立年

1991年

生徒数

235名(2021年6月時点)

関西学院千里国際中等部 所在地情報

〒562-0032  大阪府箕面市小野原西 4-4-16

教育理念

知識と思いやりを持ち、創造力を駆使して世界に貢献する個人を育む

 

引用元:関西学院千里国際中等部・高等部 2つの学校と教育理念

 

中学校の特徴

関西学院千里国際中等部・高等部(SIS)は、大阪インターナショナルスクール(OIS)とともに1991年に創立しました。SISとOISは2校で1つの存在で、教室・施設を共有し、授業や行事などを共に行っています。両校の生徒が美術・体育・音楽、外国語の授業を一緒に受ける「シェアードプログラム」があり、異なる学習法で学んだり、新たな交友関係を築くことで人格形成に働きかけをおこなっています。春・秋・冬それぞれ60日の3学期で構成され、1年間の内容を1学期で学ぶ学期完結制で授業を行っています。これにより帰国生の受け入れや留学がしやすい環境となっています。

 

オンライン家庭教師WAMの関西学院千里国際中等部受験対策

関西学院千里国際中等部の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、関西学院千里国際中等部の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。