山口県立高森みどり中学校の中学入試情報・受験対策

※本記事は2022年12月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

山口県立高森みどり中学校の受験対策

難易度

山口県立高森みどり中学校は、山口県岩国市にある併設型の公立中高一貫校です。男女共学で、偏差値は50程度となります。大学や短大等の先生を招いての「出張講義」や徹底した「面接指導」など丁寧な進路指導を実施しており、山口大学や山口東京理科大学などの国公立大学や、立命館大学、広島修道大学など多くの私立大学の他、大学校や医療系・一般専門学校への合格実績があります。

入試の特徴・勉強のポイント

山口県立高森みどり中学校の入試は、記述式の課題1・2と個人面接が課されます。記述式の課題は、資料をもとに考えたこと等が問われ、小学校での学習で身に付つけた総合力や思考力、判断力、表現力などがみられます。各教科の基礎をしっかりと身に付けて、様々な問題に取り組むことが大切です。山口県教育委員会のHPに複数年分の過去問が掲載されているため、必ず挑戦し、出題形式や傾向を把握しておきましょう。

 

山口県立高森みどり中学校の入試情報

入試科目・配点

《選考検査》

面接(個人面接)

記述式の課題1

記述式の課題2

参照:令和5年度山口県立中等教育学校及び中学校入学者選抜実施大綱

 

山口県立高森みどり中学校の科目別傾向と対策

記述式の課題1の傾向と対策

《2022年度入試》

試験時間45分の、大問2題で構成されています。問題は国語・社会的内容となっており、一部英語の問題が含まれます。設問形式は、記号選択や抜き出し、字数制限のある説明記述・自分の考えをまとめる問題などです。記述問題では、条件に従って解答する必要があります。必ず過去問に取り組み、出題形式や傾向に慣れておきましょう。

記述式の課題2の傾向と対策

《2022年度入試》 試験時間45分の、大問2題で構成されています。問題は算数・理科的内容となっています。問題文や図・表などの資料をしっかりと読み取る力が必要となります。どちらも基礎をしっかりと身に付けた上で、複数年分の過去問に取り組み、出題傾向や形式に慣れておくことが大切です。

 

山口県立高森みどり中学校基本情報

公式サイト

山口県立高森みどり中学校:http://www.takamori-h.ysn21.jp/

基本情報

創立年

2003年

山口県立高森みどり中学校 所在地情報

〒742-0333 山口県岩国市玖珂町1253

教育理念

「多様な交流を創造し、生徒一人ひとりの夢を実現する学校づくり」

引用元:教育方針

 

中学校の特徴

山口県立高森みどり中学校は、県公立学校で唯一の併設型中高一貫教育校です。1クラス20人という少人数の学級編成のもと、学力の定着・向上を目指し、きめ細やかな学習指導を実践しています。また、一貫教育の利点を活かして、中高教員とのティームティーチング中心の先取り学習が行われています。そのほか、3年生で行われるオーストラリアでの海外語学研修(卒業後10日間程度)に向けて、英語セミナーが開催されており、英語力を高めるほか、英会話を中心としたコミュニケーション能力の育成に取り組んでいます。

 

 

オンライン家庭教師WAMの山口県立高森みどり中学校受験対策

山口県立高森みどり中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、山口県立高森みどり中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。