文星芸術大学附属高等学校の高校入試情報・受験対策

文星芸術大学附属高等学校の受験対策

偏差値・難易度

文星芸術大学附属高等学校は栃木県宇都宮市睦町にある偏差値40~64程度の私立の共学校です。学科・コースの中では、東京大学をはじめとする最難関大学を目指す英進科Ⅰ類の難易度が高くなっています。

 

入試の特徴勉強のポイント

文星芸術大学附属高等学校の一般入学試験は、3教科マーク式と5教科記述式があります。3教科マーク式では、国語・数学・英語の試験となります。マーク式では、「マークずれ」や「ダブルマーク」などのミスが起こりやすいため、試験の際は必ず見直しを行いましょう。5教科記述式は、国語・数学・英語・社会・理科の試験となります。国語では作文、英語ではリスニング問題が含まれているため、作文の書き方や英語の発音などを理解しておくことが大切です。

 

 

文星芸術大学附属高等学校の入試情報

入試科目・配点

〇募集定員
英進科:Ⅰ類20名・Ⅱ類40名
普通科:進学コース60名・総合コース200名・美術デザインコース20名
総合ビジネス科:180名

 

【第1回入学試験】

〇試験科目
・一般入学試験(3教科マーク式)
国語・数学・英語(各50分)、面接(単願受験者・個人面接)

 

・スポーツ・文化特待生入学試験(3教科マーク式)
国語・数学・英語(各50分)、面接(個人面接)、実技(美術デザインコース)
※実技:鉛筆によるデッサン(B3判)

 

・推薦入学試験(作文・面接試験)
作文(30分・400字以上600字以内)、面接(5名程度のグループ面接)
※作文のテーマ:「過去:私の大切な思い出」「現在:今私が思っていること」「未来:私が挑戦してみたいこと」から1つを出題

 

・一般入学試験(5教科記述式)
国語(作文含む)・数学・英語(リスニング含む)・社会・理科(各50分)

 

【第2回入学試験】

・一般入学試験(5教科記述式)
国語(作文含む)・数学・英語(リスニング含む)・社会・理科(各50分)、面接(単願受験者〈英進科を除く・個人面接〉)

 

・「推薦入試」合格者対象 学力テスト(3教科記述式)
国語・数学・英語(各50分)

 

参照:文星芸術大学附属高等学校 2022年度 入学試験要項

 

 

文星芸術大学附属高等学校基本情報

公式サイト

文星芸術大学附属高等学校:https://www.bunsei.ed.jp/

 

基本情報

創立年

1911年

文星芸術大学附属高等学校 所在地情報

〒320-0865  栃木県宇都宮市睦町1-4

教育理念

校訓「三敬精神」

 

自己「おのれ」を敬え
常に自信を持って事に当たり、自分を大切にし、自分を錬磨し、自己の尊厳を自覚するよう努力する。
他人「ひと」を敬え
常に他人の立場を理解し、尊重して他人に迷惑をかけず、進んで他人のため社会のために奉仕するよう努力する。
仕事「こと」を敬え
常に自分の本務を自覚し、勉学意欲を高め、勤労愛好の精神を身に付けるよう努力する。

 

引用元:HOME of 文星芸術大学附属高等学校

 

高校の特徴

文星芸術大学附属高等学校は、社会性や高いコミュニケーション能力を身に付け、自信を持ち他者を尊重しながら何事にも全力を尽くす人材を育成しています。「英進科Ⅰ類・Ⅱ類」「普通科進学コース」「普通科総合コース文理クラス」「普通科総合コースキャリアクラス」「普通科美術デザインコース」「総合ビジネス科」を設置しています。男子校ですが、英進科のみ男女共学です。個別指導を中心とした教育が特徴となっています。部活動については、陸上競技部、空手部、図書部、美術部など、合わせて31の運動部・文化部があります。

 

 

オンライン家庭教師WAMの文星芸術大学附属高等学校受験対策

文星芸術大学附属高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、文星芸術大学附属高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。