名古屋経済大学高蔵高等学校の高校入試情報・受験対策

※2023年3月時点の情報です。最新情報は学校公式HPをご確認ください。

名古屋経済大学高蔵高等学校の受験対策

偏差値・難易度

名古屋経済大学高蔵高等学校は、名古屋市瑞穂区にある男女共学の併設型私立中高一貫校です。偏差値は学科・コースによって異なり、普通科特進コースが55程度、普通科進学コースが49程度、商業科が43程度となります。進路ガイダンスや校外模試、一般職業適性検査など進路に関する多くの行事が実施されており、卒業後の進路は、名古屋大学をはじめとする国公立大学や、慶應義塾大学、関関同立、名城大学、名古屋経済大学などの私立大学への進学、さまざまな企業への就職など多岐にわたります。

入試の特徴・勉強のポイント

名古屋経済大学高蔵高等学校の入試は、推薦入試と特別選抜入試、一般入試の3種類となります。試験科目について、推薦入試は3教科の学力試験とグループ面接、特別選抜入試は3教科の学力試験と個人面接、一般入試は5教科の学力試験が課されます。学力試験の試験時間と配点は、推薦・特別選抜入試が各40分の各100点、一般入試は各45分の各100点となります。どの科目もバランスよく学習し、複数年分の過去問に取り組むことが大切です。また、面接の対策として、先生や家族の協力を得て、何度も模擬面接で実践的な練習を行いましょう。

 

 

名古屋経済大学高蔵高等学校基本情報

公式サイト

名古屋経済大学高蔵高等学校:https://www.takakura-hj.info/

基本情報

創立年

1948年

生徒数

1,306人(2022年5月1日現在)

名古屋経済大学高蔵高等学校 所在地情報

〒467-8558 愛知県名古屋市瑞穂区高田町3丁目28番地の1

教育理念

「一に人物、二に伎倆」

引用:名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校|ご挨拶

高校の特徴

名古屋経済大学高蔵高等学校は、「慈・忠・忍」を校訓に、知識技能だけでなく優れた人間力を備えた社会に役立つ人材の育成に取り組んでいます。また、これからの社会に必要な思考力・判断力・表現力を磨くため、体験的学習の実施や「国際理解教育」「ICT教育」を推進しています。「普通科」と「商業科」で構成されており、普通科には、土曜講座や弱点克服の「サポートデー」など、きめ細かなサポート体制のもと難関大学合格を目指す〈特進コース〉と、文武両道を実現しながら、なりたいジブンを目指す〈進学コース〉が設置されています。商業科は、毎年就職率100%を維持しており、地元企業からの厚い信頼を得ています。

 

オンライン家庭教師WAMの名古屋経済大学高蔵高等学校受験対策

名古屋経済大学高蔵高等学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師WAMがおすすめです。

専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、名古屋経済大学高蔵高等学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。 また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。 日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。 さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。 合格に必要な学力を効率的に得ることができます。