専修大学松戸中学校の中学入試情報・受験対策

専修大学松戸中学校の受験対策

難易度

専修大学松戸中学校は松戸市にある男女共学の私立中高一貫校で、偏差値は58程度となっています。推薦制度があるため、卒業生は専修大学へ進学することが可能です。そのほかの学生は国公立や早慶上理、GMARCHなど有名私立大学へ多数進学しています。

入試の特徴勉強のポイント

専修大学松戸中学校の入試は3日程あり、どの日程も4科目の受験が必要になります。苦手分野を作らないよう各科目、バランスよく学習しましょう。全体的に難易度は標準レベルとなるため、基礎知識を身につけたら複数年分の過去問演習で傾向に慣れておきましょう。

 

専修大学松戸中学校の入試情報

第1回入学試験

募集人員:男女100名
試験科目・時間・配点:国語(50分100点)、算数(50分100点)、社会(30分50点)、理科(30分50点)

第2回入学試験

募集人員:男女30名
試験科目・時間・配点:国語(50分100点)、算数(50分100点)、社会(30分50点)、理科(30分50点)

第3回入学試験

募集人員:男女20名
試験科目・時間・配点:国語(50分100点)、算数(50分100点)、社会(30分50点)、理科(30分50点)

 

参照:専修大学松戸中学校 令和4年度生徒募集要項

 

専修大学松戸中学校の科目別傾向と対策

算数の傾向と対策

例年、大問7題構成で幅広い範囲から出題されます。難易度は基本~標準レベルとなっているため、苦手分野を作らずに基礎知識をしっかりと身につけましょう。年度により記述問題も出題されるため、複数年分の過去問演習で傾向に慣れておくことも大切です。

国語の傾向と対策

例年、大問3題構成で読解問題2題と知識問題1題となっています。難易度は標準レベルですが、抜き出しや記述問題が複数出題されるため時間配分に注意が必要です。無理に難度の高い文章で練習するのではなく、過去問や標準レベルの文章を繰り返し解いて傾向に慣れておきましょう。

理科の傾向と対策

例年、大問5題構成で小問集合が1題、生物・地学・化学・物理の分野がそれぞれ1題ずつ出題されます。各分野、それぞれの単元の基礎知識をしっかりと身につけましょう。実験や観察に関する問題、実験器具の扱い方の問題などが頻出となります。過去問演習で出題傾向に慣れておくことが大切です。

社会の傾向と対策

例年、地理2題、歴史2題、公民1題の大問5題構成で、難易度は標準レベルとなっています。時事問題が頻出となるため、日ごろからニュースや新聞で情報収集し自分の知識としていきましょう。

 

専修大学松戸中学校基本情報

公式サイト

専修大学松戸中学校:https://www.senshu-u-matsudo.ed.jp/junior/

基本情報

創立年

2000年

生徒数

448名(2021年4月時点)

専修大学松戸中学校所在地情報

〒271-8585 千葉県松戸市上本郷2-3621

教育理念

社会に貢献できる知性豊かな人材の育成
引用元:学校ビジョン|専修大学松戸中学校

中学校の特徴

専修大学松戸中学校は、「報恩奉仕」「国際舞台を視野に入れる」「難関大学をめざす」を教育方針とした私立の中高一貫校です。英語教育に力を入れており、「話す」「聞く」「読む」「書く」能力を6年間で着実にステップアップさせるための教育システムによって、6年連続で中3生の70%以上が英検準2級に合格という実績を誇ります。教室での授業のほか、ネイティブ教員たちと一緒に食事をとる「ランチタイムアクティビィティ」やスコットミドルスクールの生徒たちとの文通、中3生が全員参加するネブラスカ修学旅行などさまざまなプログラムが用意されています。

 

オンライン家庭教師Wamの専修大学松戸中学校受験対策

専修大学松戸中学校の受験を志望している方には、オンライン家庭教師Wamがおすすめです。
専任の教育アドバイザーと東大・京大・早慶などの名門大学講師による質の高い授業で、専修大学松戸中学校の入試突破に必要な思考力・記述力を養うことができます。
また、学力を養う上で重要な自学自習の方法についても伝授。日頃の学習管理も行うので、自然と自学の力を身につけることができます。
さらにオンラインだから通学にかかる時間をカット。合格に必要な学力を効率的に得ることができます。